装備攻略:自転車は無人区を越えてどのような技能と装備を必要としますか?-学校のスポーツ-www.44fang.com

装備攻略:自転車は無人区を越えてどのような技能と装備を必要としますか?-漢方のスポーツは前で――石の石の石の池の神秘で、私の好奇心を奮い立たせました。数年の屋外を経て、部隊、船員の仕事に一定の野外生存能力が蓄積され、これを完成させたが、多くの面で反省する必要がある。▲常に海上を航海して、強い忍耐力と野外の生存能力を鍛えられる。いつでも犬の極端な天気に耐えることを我慢して、毎日大きな負荷のエネルギーは体に対する傷を消耗して、連続して同じ景色の視覚に対する衝撃と心理の影響に対して、最も直接的なのは何十日も入浴しないことを我慢します。いずれにしても、自然に対する畏敬の念を持っているに違いない。◎今回の全行程は傘帆の自転車を採用して、押す方式を採用しました。応援がなくて、自転車を使って全行程を補給する必要があります。乗り物とは一定の関連があるが、葉はより豊かな徒歩経験を備えている。今回を横断して、超60 %の区間を徒歩で歩くことができます(多くは傘帆と風の助けによって、それができる可能性があります。雨季に遭遇すると、距離が長くなる。◎そのため、個人的には、長い距離の高さの高さを同時に徒歩経験を備え、一定の高さであると思っています。総合能力から言えば、長距離の徒歩経験は80 %を占めている。しかも使ってさまざまなアウトドア機器、心理と生理の上で十分理解して、才能は基本的に保証をストローク。▲石の高海抜地区徒歩経験が非常に豊富な行程紹介?主要ランドマーク今回共用52日時間を横切って、行程約1350キロ。以下は主要の通過地点。松の西は坂――龙木せい――邦は間違って――&プアーズせい――紅山達坂――羊湖――勝利湖――――――クジャクの羽朝阳湖双さえ湖――――間違って間違いならドク仁強いせい――迎春口――――鳥蘭ウラ湖沱沱河――玛曲郷――109国道▲石を横切って池のGPS今回羌路線図。友情製図ダチョウ?沿道の行政区や距離◎チベット:ルトク県(237キロ)ニマ県(77キロ)アムド県(96キロ)改则県(363キロ)双湖県(211キロ)◎靑海:治多県(55キロ)ゴルムド(297キロ)◎総長:1337キロ、全行程の誤差じゅうキロぐらい(最後に83キロで。▲起点新藏線界山達坂、ゴール靑蔵線雁石坪?地形は砂に――ゴビ砕石――草地――ソフト土地TIPS:◎羌で池盲目的に従う轍を歩いて、それの中に轍が複雑で、目的は違う方向によって、誤解されやすい。大きな方向を保証すると同時に川に沿って歩くようにして、このように起伏を減らし、体力を節約し、スピードを上げます。◎出かける前に必ず十分なソフトウェアを利用して、地形の地形をよく研究して、主なランドマークはもっとよく覚えて、自分にその場にいるような感じがして、詳しい紙の地図があって、路線、下下げ点といくつかの線の交差点を一つに表記したほうがいいです。◎毎日自分の歩き方を補正する。例えば、私は両国が間違っていて、雲の峰の近くと2つの線の交差点はすべて方向を見ることを見て、盲目的に前進しないでください、よく前進の方向を確認します。(見ていないかもしれませんが、ぜひ注意します)▲荒涼として複雑な軍隊の池の地形か?見て動物を見ているのはチベット族を見て、隠れて、野の馬、熊、狼、狼、狐、葉、鹿、うさぎ、多種の知らない鳥。▲野生動物の防止については、今回の池を歩いても狼は17回、二重狼というものが多いので、出会いの時は落ち着いて、備えています。春節に入ると、オオカミや野口さんの数は増加していますが、葉売り湖の近くで狼に会ったのは一度5匹で、過激な行為はありませんが、やはり興奮しています。◎ですが、近所で熊に会って2回、相対距離が遠いので、より多くの接触がありません。◎個人的には、生態環境が変わる場合には、攻撃的な動物の群れが大きくなったり増えたりしますので、野生動物の防犯面では、自分ができるだけできる限り全面的にできるようにしましょう。▲黒い狼17回。一次双狼尾行、最近の距離は十数メートル?気候の特徴羌塘日に四季のある。大風――雷雨――無風――――砂嵐吹雪。TIPS:朝晩の気温差が大きい、夜に布陣しこれからきっと保温に注意します。食品と水の情況か?水源じゅうご日(氷)――29日(雪)――はち日(水)TIPS:◎今年大旱、途中何度断水が、幸い見事。水源があるときは、なるべく数日の水を用意しておきます。大雪ごとに7日くらいの水が確保できます。◎気候がよく変わるので、同じ季節、同じ場所、異なる年に大きな変化があります。だからこれらの面では必ず心理的な準備をして、気候の変化を理解しながらいくつかの予備案を作ることができる。▲ろ過後も濁った水?食品「今回は毎日食品用量】朝食:さんじゅうグラムマッシュポテト、にじゅうグラムツァンパ昼:圧縮ビスケットろくじゅうグラムの塊、750グラムブドウガムシロップ、一小把ドライフルーツ夕食:速乾ご飯120 g一包(ツァンパごじゅうグラム、便利な面包125グラム、いちスワンラー粉いちバッグ105グラム)、バターさんじゅうグラム、野菜スープバッグ2包みはちグラム*に、風雨牛肉1段の【5 CM(中4日毎日交代で主食)の水の使用量は2 . 8リットル程度(水の情況によって準備調整)「今回食品携帯状況」TIPS:◎他人の攻略に盲信しないでください個人のレシピ、飲食の基準が違う。きっと自分の習慣によって出かけるとき食べ物を用意。未知の食品に対してきっと早めに試用して、理解しやすい食品の味とエネルギーで自分に合うかどうかを把握し、及び必要な基本量。すべての人の身長と体重◎体質、食品の需要量は。自分の需要量は、食べ物も準備を一定数。例えば悪天候◎に行けなかった大需要をする、川の水を待って、体調不良を調整休みなどの要素を考慮に入れなければならない。食べ物が足りないと何もない。▲毎日の味の朝食の個人装備は参考にしますか?基本装備◎限界27速幅自転車は、砂や雪が適用されていて、性能が良くて、大きな荷重が下りた時の後輪の動きを解決しました。◎改装部分の自家製前棚、後棚強化棒(問題がない)◎自家製傘帆。池の池の気候の特徴によって、自家製傘帆は特に実用的で、30 %の体力を節約して、大いに行進速度を高めて、自信を強めました。スペアタイヤ◎一条、チューブ二条、补胎ツールセット、ラシオペンチを、ろく寸いちレンチを、2 . 0と3 . 0針金。明るく◎全防水バッグパック(ご件)◎ウォードシングルテント(外帳自制細工がよくない、風騒音大、睡眠に影響)◎山の泉防湿パッド(日本)◎天石寝袋(- 25度)+印象的なBaomian寝袋(防水生地)◎連体腰防水ズボン1本◎防水袋(Wattyl瑞22リットル―につ)◎MSR炉(1 . 7リットルのスーツ)、MSR油気両用炉(予備)、じゅうごセンチのステンレス製のボウル(実用)◎富士通急速充電(ご号、ななしち号通用)◎ヘッドライト、小さな懐中電燈(各1個)◎防狼スプレー(よんしよ、未使用)◎◎眼鏡望遠鏡(雪鏡一副、サングラス一副)◎ひざ(民間肥厚)◎ライター(フリントライターじゅう、ご未用)◎亜鉛棒、マッチ、裁縫、2000音、2000音、2000鳴っても◎^^^^^^^^^^手作りミルクマスク◎CSマスク(1つのこだわり)◎肩バッグ(1つの布)▲肩パック(1枚セット)ボックス1台5年以上◎ブーツ(高手伝って、実用)◎登山靴(中手伝い、予備)◎迷彩防犯コート1枚―内ベルト◎軍用迷彩パンツ1本―丈夫に摩擦(実用)◎速乾ズボン1本下着パンツ2セット◎羽毛ジャケット(1足、寝るときに使う、保温効果が良い)◎靴下(7足、消耗が深刻になった後は足りない)◎毛糸の帽子(内帯は生地、全天候使用)◎手袋(葉をつかむ手袋の2副、道の方の綿手袋1副)は、風と砂の大きい環境ですべてのファスナーの装備が壊れやすく、条件が許す場合には、より優れた装備が快適度を高めることができる。電子機器◎佳明550は、GPS◎携帯電話の奥線地図◎長さ、紙地図◎オリンパスマイクロフォン1部(電池6ブロック)◎長さ14瓦の太陽光があります。?燃料は◎13個の大缶(1個の650グラム)で、9個の残り4個の送り人が◎600グラムのガソリンの予備を使っています。▲原子炉の屋外では、その他のヒント?救援の面では◎新疆クロス車が通るガイドは、GPSを使用することがわかります。◎提案した所は、経過したエリアで現地の案内や遊牧民に連絡して、GPSを使用できる方がご案内します。こんな時間を救援。?必要条件◎長距離を詰め高海抜徒歩経験◎きっと高い標高レーシング経験◎行は地形や自然環境の十分な理解が◎◎冒険精神に十分な準備と自信心◎各種制御◎体力もルックスも盛りの知識、体に十分に使った解◎◎さまざまなアウトドア機器装備の改装◎家族の友達のヘルプとサポート以上の各点は、今回の活動をいくつかのまとめ。いかなる一つの準備が不十分で,すべて最も恐ろしい結果が現れる。そして、個人的な経験はすべてを代表することはできません。季節によって年によっては違う状況がある。皆が盲目的に外出しないように。十分に準備して、絶えず自分を改善することができて、才能は屋外でもっと長く歩くことができます。――石の呉の葉は自ら回転して自分を回転する

装备攻略:自行车穿越无人区 需要哪些技能和装备?-搜狐体育      写在前面――石头   羌塘的神秘,激发了我的好奇心。经几年户外磨练,及部队、海员工作积累了一定野外生存能力,虽然完成了这次穿越,但还是需要在很多方面进行反思。      ▲常在海上航行,能锻造出强韧的忍耐力与野外生存能力   ◎ 羌塘不只是美,更多的是极其恶劣环境。要忍受随时冻成狗的极端天气,每天大负荷体能消耗对身体的伤害,连续多日同一景色对视觉冲击和对心理影响,最直接的还要忍受几十天不洗澡。总之,心中一定要存着对大自然的敬畏,步步谨慎。   ◎ 此次全程我采用了以伞帆自行车,推骑结合的方式。无后援穿越,需要借助自行车运载全程补给。和骑行有一定关联,但穿越者更需具备丰富徒步经验。本次横穿,超60%路段只能推车徒步前行的(并且多数是在伞帆和风的帮助下,才可能骑行。如遇雨季,推行距离将更长。)      ◎ 因此,我个人认为穿越者一定要同时具备长距离高海拔重装徒步经验,和一定高海拔骑行经验。从综合能力来说,高海拔徒步经验要占80%。并且要会使用各种户外仪器,对心理和生理上要有充分了解,才能基本保证穿越行程。      ▲石头的高海拔地区徒步经验十分丰富   行程介绍   ?主要地标   这次横穿共用52天时间,行程约1350公里。以下为主要的经过地点。   松西达坂――龙木错――邦达错――普尔错――红山达坂――羊湖――胜利湖――孔雀翎――朝阳湖――双连湖――若拉错――多格错仁强错――迎春口――乌兰乌拉湖――沱沱河――玛曲乡――109国道      ▲石头此次横穿羌塘的GPS路线图。友情制图 鸵鸟   ?沿途行政区及距离   ◎ 西藏:日土县(237公里)尼玛县(77公里)安多县(96公里)改则县(363公里)双湖县(211公里)   ◎ 青海:治多县(55公里)格尔木(297公里)   ◎ 总长:1337公里,全程误差10公里左右(最后83公里坐车)。      ▲起点新藏线界山达坂,终点青藏线雁石坪   ?地形地貌   沙石地――戈壁碎石――草地――软土地   TIPS:   ◎ 在羌塘里不要盲目跟随车辙印行走,因为里面的车辙印太复杂,目的不同方向不同,很容易被误导。在保证大方向的同时尽量沿着河道行走,这样减少起伏,节省体力,提高速度。   ◎ 出行前一定要充分利用好各种软件,仔细研究地形地貌,主要的地标更要好好研究记清,让自己有一种身临其境的感觉,最好有详细一点的纸质地图,把线路、下撤点和几条纵线的交汇处一一标明。   ◎ 每天都要校正自己的行走方向。例如我在邦达错、耸峙岭附近和两条纵线的交汇处都有看到转向的车辙,不要盲目前行,仔细确认前进的方向。(未看到可能还会有很多,一定要注意)      ▲荒凉复杂的羌塘地形   ?所见动物总汇   藏羚羊,藏野驴,野牦牛,熊,狼,藏狐,旱獭,鼠兔,野兔,多种不知名鸟类。      ▲羌塘藏野驴   TIPS:   ◎ 对于野生动物的防范,本次羌塘行走遇狼17次,多数为双狼,相遇时一定要保持镇静,做好防备。进入迎春口青海境内狼和野牦牛的数量都有增加,在乌兰乌拉湖附近遇狼最多一次5只,虽未曾有过激行为,但还是心有余悸。   ◎ 在多格错仁强错附近遇熊两次,相对距离比较远,没有更多的接触。   ◎ 个人建议,在生态环境不断改变的情况下,攻击性动物的种群也会随之壮大和增加,因此在野生动物防范方面,更要尽自己所能做到越全面越好。      ▲一路遇狼17次。一次双狼尾随,最近距离仅十几米   ?气候特点   羌塘一天内会有四季。大风――雷暴――无风――暴风雪――沙尘暴。   TIPS:早晚温差太大,晚上扎营以后一定要注意保暖。   食品与水源情况   ?水源   15天(冰)――29天(雪)――8天(水)   TIPS:   ◎ 由于今年大旱,途中几次断水,好在有惊无险。在有水源的时候,尽量多备几天的水。每下一场大雪(30CM),大约能保证7天左右的用水。   ◎ 由于气候多变,同样季节、同样地点、不同年份都会有很大的变化。所以在这些方面一定要做好心理准备,在了解气候变化的同时多做一些备用方案。      ▲过滤后依然浑浊的饮用水   ?食品   【此次每天食品用量】   早餐:30克土豆泥、20克糌粑   午餐:压缩饼干60克一块、750克葡萄糖水、一小把干果   晚餐:速干米饭120克一包(糌粑50克、方便面1包125克、酸辣粉1包105克)、酥油30克、蔬菜汤料包两包8克*2、风雨牛肉一段5CM(其中主食四天一轮流)   每天用水量:2.8升左右(根据储备水的情况调整)   【此次食品携带情况】      TIPS:   ◎ 不要迷信别人攻略里的食谱,个人饮食标准不同。一定要根据自己出行时的习惯准备食物。对于未知的食品一定要提前试用,便于了解食品的口味和能量是否适合自己,以及掌握自己所需的基本量。   ◎ 每个人体重身高体质不同,食品需求量不一 。根据自己的需求量,食物要多储备一定数量。   ◎ 比如碰到恶劣天气无法走需要等待、河水过大需要等待、身体状况不适需要调整休息等等一系列的因素都要考虑进去。如果食物储备不够,就什么都没有啦。      ▲每日糌粑早餐   个人装备参考   ?基本装备   ◎ 极限27速宽胎自行车,在沙地、雪地都适用,性能不错,解决了大负重下坡时后轮的摆动。   ◎ 改装部分自制前货架、后货架加强杆(从未出现问题)   ◎ 自制伞帆。根据羌塘的气候特点,自制伞帆特别实用,节省了30%体力,大大提高行进速度,增强了自信心。   ◎ 备用外胎一条、内胎两条、补胎工具一套、尖嘴钳一把、6寸扳手1把、2.0和3.0铁丝。   ◎ 开朗全套防水驮包(5件)   ◎ 沃德单人帐篷(外帐自制,做工不好,有风噪音大,影响睡眠)   ◎ 山之泉防潮垫(加厚)   ◎ 天石睡袋(-25度)+薄棉睡袋(防水面料)   ◎ 连体齐腰防水裤一条   ◎ 防水袋(威迪瑞22升―2个)   ◎ MSR反应堆(1.7升套装)、MSR油汽两用炉(备用)、15厘米不锈钢碗(实用)   ◎ 富士通快充(5号、7号通用)   ◎ 头灯、小电筒(各一个)   ◎ 防狼喷雾剂(4个,未用)   ◎ 望远镜   ◎ 眼镜(雪镜一副、太阳镜一副)   ◎ 护膝(民用加厚)   ◎ 打火机(火石打火机10个,5个未用)   ◎ 锌棒、火柴、针线一套   ◎ 鞭炮,2000响   ◎ 冰爪(兄弟BRS-S3)   ◎ 自制工兵铲+砍刀组合工具   ◎ 自制简易取冰袋(大米包装袋,简单实用)   ◎ CS面罩改装成防尘面罩   ◎ 保湿壶(1个750CC)   ◎ 双肩包(1件55L)      ▲一辆自行车驮负全部装备   ?服装方面   ◎ 普通户外服装使用三年以上   ◎ 皮靴(高帮、实用)   ◎ 登山鞋(中帮、备用)   ◎ 迷彩防风衣1件―内带抓绒   ◎ 军用迷彩裤1条―结实耐磨(实用)   ◎ 速干裤1条(未用)   ◎ 超轻羽绒衣裤一套   ◎ 抓绒衣裤一套   ◎ 保暖速干内衣裤两套   ◎ 羽绒袜套(1双,睡觉时用,保暖效果好)   ◎ 袜子(7双,磨损严重后期不够用,建议多带)   ◎ 毛线帽子(内带抓绒,全天候使用)   ◎ 手套(迪卡侬抓绒手套两副、探路者棉手套一副)   TIPS:在风沙大的环境里所有带拉链的装备都容易损坏,在条件允许的情况下,更好更精良的装备可以提高舒适度。   ?电子设备   ◎ 佳明550手持 GPS   ◎ 手机奥维离线地图   ◎ 指北针、纸质地图   ◎ 奥林巴斯微单相机一部(电池6块)   ◎ 谷盛14瓦太阳能   ◎ 汉能7.7瓦薄膜太阳能(一路使用未发现问题,电量充足)   ?药品方面   创可贴、免缝合胶布、泰诺、玛叮琳、易蒙停、布洛芬、头孢、膏药、云南白药、眼药水、康泰克、咳嗽胶囊、牛黄解毒片、善存、肾宝片、唇膏、护手霜、缝合线、高锰酸钾   TIPS:药品要根据个人情况针对性的配备。   ?燃料方面   ◎ 13个大罐(单个650克),用了9个剩余4个送人   ◎ 600克汽油备用,未使用送人   TIPS:如果使用气罐,建议用反应堆,即省气速度又快。      ▲MSR-REACTOR反应堆户外炉具(图片来源:MSR官网)   其他提示   ?救援方面   ◎ 新疆越野车走过的向导,懂得使用GPS。   ◎ 建议以后在经过的所在区域联系好当地向导或牧民,最好有能使用GPS的人陪同。这样可以提高救援时间。   ?必备条件   ◎ 长距离高海拔重装徒步经验   ◎ 一定高海拔骑行经验   ◎ 对线路地形、自然环境的充分了解   ◎ 有探险精神   ◎ 充分准备与自信   ◎ 各种心理控制知识   ◎ 体能充沛,对身体充分了解   ◎ 会使用各种户外仪器   ◎ 装备的改装   ◎ 家人朋友的帮助和支持   以上各点,是针对这次穿越活动的一些小结。任何一项准备不充分,都会出现最可怕的后果。并且,个人经验不能代表所有。不同季节、不同年份也存在不同情况。希望大家切勿盲目出行。充分准备,不断提高完善自己,才能在户外走得更久更远。 ――石头 吴万江   转自:奇记公众号相关的主题文章: