中国の中で幕を下ろすことができますか?-www.yeah.net

中国の中で幕を下ろすことができます:12分を取って12分取ったことがあって11ラウンドに耐えられません-漢方のスポーツ商報記者の魯さんの大リーグのリーグ戦はついに上の雲の上でピリオドを打ちました。1シーズンのホーム15個のホームで、現場を観戦して総人数を観戦しています。商報記者整理力帆今季の各種データを振り返り、あなたを連れて力帆とあなたの2016年。人盛ん36184ボール市乗車率高い1本としては保级を目指す中国プレミアリーグのチームは、おそらく見つけにくいと重慶力帆のホームのように盛んなボール市。シーズンの復帰から、重慶のオリンピックセンターは他の相手を恐れた悪魔ホームになりました。記者の統計によりますと、2016シーズンには15のホームが来場者の総人数が自慢人となっています。その中で4万人を超える試合は4万人を超えていて、第1ラウンドのホーム戦で、第3ラウンドが港、7輪目と対戦し、19回目となった。第1次第1回は、長い間、重慶のオリンピックセンターでは、人々のトップに位置しています。シーズンランキングで、重慶オリンピックセンターホームから落ちたない中国プレミアリーグの前三位(延期順繰りに計算していない立ち入り)。50粒が守備問題シーズン初めを解決していないので、弱気な前線は連続11ラウンドをもたらしました。しかし、シーズンが深くなるにつれて、韓国人は模索中に「真理」を見つけた。このシーズンでは、オリジナルが43粒のゴールになっていますが、この数字はどんな概念ですか?恒大合計62ゴールに進出、港56粒、蘇寧53粒、広州富力47粒、申花46粒、重慶力帆列このごチームの後、ろく位。今のところ、最高の射手はカールさんとカールがつけられていて、2人の価値は1000万ユーロに達しません。また、広州の名物になっています。また、他のチームの中では、数千万ユーロの価値があります。これまで商報記者がインタビュー张外龙時、彼は今年の殘念な思いはまだ問題解決ディフェンス。株価の数の上で、葉は50粒でボールをなくして石家荘に並んでいた後に、今年の中国で中国で第2番目の多くのチームです。昨年の53粒が3位の位置に比べて増加しました。今年は、変更よんしよガードし、守備を運んでの圧力も急増し、攻撃が端に流暢性、勝ち点数で、今年は-ななしちいいは昨年の-じゅうご。11回目に堪えられない5回目は、昨年のオリジナルステージへの復帰にたえず、2年連続でシーズン初となったとされている。「オープニングからボールを並べて負けて」この言葉は以前よくファンから口の中で聞いたの。しかしこのシーズンになっても、そんなことになる人はいない。代わりに「遅れた重慶力帆は手を打つ」。11ラウンドの試合では、木が6つの1:1のスコアを打ったが、その中で5回は先に遅れている。その中には、ホーム10人が上海港、孤立しています。にハーフ最後の戦、アウェイで力帆対陣天津泰の達は前半をなくして、先ににボールの不利な情勢の下で、進さんさえボール逆転試合。この後、力帆はアウェーでボールに遅れ引き分ける申花、そして引き分ける蘇寧と魯能。このシーズンの中で、12回の遅れていた状況下では、株価や反超相手が、不利な状況で貴重な11点を獲得した。12分のソースは、リーグ戦の第一ラウンドを恐れずにアジアのチャンピオン広州を克服している。多くの人は、葉を改造して改造したものである。シーズン末に成績表を見ると,なんとこんなふうになってしまった。今シーズン、力帆は昨シーズンの4名に計を奪い取ってじゅうに分(恒大さん分に港、いち分、魯能よんしよ分、国安よんしよ分)。8本のブランドの相手の体の中で23点を獲得して、花の花と江蘇省の体の上で2点を獲得して、全体のシーズンに唯一の2つの2つの色の相手は広州の魚になります。しかし、このシーズンには、このシーズンの順位の前にあるチームは、オリジナルが収穫された。日本人たちなら韓国を张外龙の改造の下、力帆堂々たる1本の強豪チームは怖くない。もちろん、ソースには残念なこともありますが、もともとは上の港やホーム・ホームに対してのレースの試合の中ではソースを実現できるようになりましたが、最初は大得点が遅れていますが、試合ではスコアが逆転しましたが、最終的には3:5は港に負けて、4:5に負けました。

中超落幕数说力帆:战BIG4取12分 曾遭11轮不胜-搜狐体育  商报记者 鲁蜜   2016赛季中超联赛终于在上周画上了句号,张外龙用一个第八名追平了上赛季王宝山创下的力帆历史最好成绩。一个赛季15个主场,现场观战总人数542753人。商报记者整理力帆本赛季的各项数据,带你回顾力帆和你的2016年。   36184人   球市火爆上座率高   作为一支以保级为目标的中超球队,恐怕再难找到跟重庆力帆的主场一样火爆的球市。从上赛季回归中超以来,重庆奥体中心就成为令其他对手闻风丧胆的魔鬼主场。通过记者统计,2016赛季,力帆15个主场到场观众总人数为542753人,场均观战人数36184人。其中,有4场比赛超过4万人观战,分别是第一轮主场对阵恒大、第三轮主场对阵上港、第七轮对阵国安,以及第十九轮对阵永昌。   首轮对战广州恒大,重庆奥体中心以48855人稳坐该轮上座人数第一。在赛季排名上,重庆奥体中心主场从未跌下过中超的前三甲(延期轮次未计算入内)。   50粒失球   仍没解决防守问题   赛季初,疲软的锋线给力帆带来了连续11轮不胜。但随着赛季的深入,韩国人在摸索中找到了“真理”,以费尔南多、卡尔德克以及王栋为核心的进攻体系,让力帆一路开挂提前保级成功。本赛季,力帆共攻入43粒进球,这个数字是什么概念?恒大共打入62粒进球,上港56粒,苏宁53粒,广州富力47粒,申花46粒,重庆力帆排在这5支队伍之后,名列第6。而如今队中身价最高的射手吉利奥蒂与卡尔德克,两人的身价加起来不到1000万欧元,还抵不上广州富力的扎哈维,更别谈其他队伍中动辄几千万欧元身价的外援前锋。   此前商报记者在专访张外龙时,他曾表示今年的遗憾就是仍然没有解决防守问题。在失球数上,力帆以50粒丢球排在石家庄永昌之后,是今年中超失球第二多的队伍。相比去年的53粒排在第三名的位置,有所增加。由于今年改打4后卫,防守端上的压力也剧增,但由于进攻端上的流畅性,在净胜球数上,今年以-7好于去年的-15。   11轮不胜   5场是先落后再扳平   去年力帆重返中超舞台,连续两年在赛季初都被认为是降级热门。“开场先输一个球来摆起”这句话是以前常常能够从球迷口中听到的。但到了这个赛季,却没有人再敢轻言。取而代之是另外一句“落后的重庆力帆惹不起”。   在11轮不胜的比赛中,力帆打出了6个1:1的比分,其中5场是先落后再扳平。其中,主场10人对阵上海上港、客场绝杀绿城和延边的比赛,想必大家都非常难忘。上半程收官之战,在客场力帆对阵天津泰达,在上半场先丢2球的不利形势下,连进3球逆转比赛。在这之后,力帆又在客场2球落后逼平申花,接着逼平苏宁和鲁能。在这一个赛季之中,力帆9次在落后的情况下逼平或反超对手,在不利形势下抢到宝贵而振奋人心的11分。   12分   对阵Big4一点不畏惧   联赛第一轮力帆就逆天战胜亚洲冠军广州恒大,许多人都在猜想张外龙改造之下的力帆队会是一支什么样气质的队伍。赛季末一看成绩单,力帆竟然变成了这样。本赛季,力帆在上赛季的前四名身上共抢到12分(恒大3分,上港1分,鲁能4分,国安4分)。在8支保级对手身上共抢到23分,在申花与苏宁身上共抢到2分,整个赛季唯一被双杀的对手则为广州富力。也是除了富力之外,本赛季排名在力帆之前的队伍,力帆均有所收获。在韩国人张外龙的改造之下,力帆俨然成为了一支不惧怕豪强的队伍。   当然,张外龙也有遗憾,原本在客场对上港以及主场对富力的比赛中可以实现翻盘,虽然一开始便大比分落后,但在比赛中力帆一度将比分反超,但最终3:5输给了上港,以及4:5输给了广州富力。相关的主题文章: