冬腎臓を補ってガスをクコ–人民網健康チャンネル–人民網-jkforum

冬にコーヒー健康衛生チャンネル–人民網の元のタイトル:冬を食べて枝を食べて、唐代に元の元の寺があって、寺には井戸がある、井戸のそばには多くの枝があって、高いのは1丈で、その根は太くて、寺の人はこの井戸水を飲んでいて、人は顔色が赤くなり、80歳になって頭が白くて、歯が落ちない。唐代の有名な詩人の葉はこのために《龍の井戸》の1詩をします:僧の部屋の薬の木は冷たい井戸によって、井戸に泉の泉の薬があるのは霊があります。赤い石の石の石の石?,赤色の木は熟して銅の瓶を照らします。原句本は仙人の杖であり、根は古いものである。上品な機能の甘露味、まだのスプーンが延龄。古来、常に食べるクコを健康長寿の例が多い。蓬莱県の南の葉は各家庭においてすべて果実を植えていると伝えられて、村の人は多く長生きして、100歳の老人は十数人がいて、皇帝はこの事を知った後に人に顔を出すことを知って、この村は“長寿村”と言います」。柳子は医薬品に用いられて3千年以上の歴史を持っている。」寧夏の知恵の子の名声は小さくなくて、白頭山の人参、ガラ珍の霊芝と魚の木の木とともに漢方薬のためのものと称します。冬の寒さが当時の腎臓。それを食べている子は肝、葉を使って、綿を食べて子を食べることができるのはとても良くて腎臓を補うことができて、平は陽の陽を補うことができて、利益は目を明るくして、血を引いて、老化を遅らせます。砂と新鮮な山芋を使っておかゆを作ることができて、利益を持って肺を飼って、肝臓の肝臓の腎臓の効果を栄養を持っていて、肺の虚の咳者の食事療法の至る所にもあります。注意したいのは、クコの子が温めて体の効果がかなり強くて、風邪を引いて熱を熱して、体が炎症を持っていて、陰で濡れていることと内には蒸し暑い人が服用するべきでなくて、高血圧、性格がせっかちすぎる人、ふだん大量に肉類を摂取することによって顔が赤くて赤くなる者が最も食べないほうがいいです。体の健康は栄養を補給する必要がありません者、クコ子はよく食べてはいけません。果実を食べるのが多すぎて目が腫れて、視力がぼんやりしています;クコの子は糖が高くて高くて、糖尿病患者は注意しなければなりません。(责编:权娟、许心怡)

冬吃枸杞补肾气–人民网健康卫生频道–人民网 原标题:冬吃枸杞补肾气 唐代润州有个开元寺,寺里有一口井,井旁长有很多枸杞,高的有一二丈,其根盘结粗壮,寺里人饮此井水,人人面色红润,至80岁而头不白、齿不掉。唐代著名诗人刘禹锡为此做《枸杞井》一诗:僧房药树依寒井,井有清泉药有灵。翠黛叶生笼石?,殷红子熟照铜瓶。枝繁本是仙人杖,根老能成瑞犬形。上品功能甘露味,还知一勺可延龄。自古以来,常食枸杞而强身长寿的例子很多。相传蓬莱县南丘村各家各户都种有枸杞,村里人多长寿,活到100岁的老人就有十几个,皇帝得知此事后叫人送匾,称此村为“长寿村”。摘编自《枸杞的传说》 广州中医药大学一附院主管中药师冯时茵点评:枸杞子用于医药已有三千多年历史,《诗经》讲:“集于苞杞。”宁夏枸杞子名声不小,与长白山人参、琼珍灵芝和东阿阿胶并称为中药四宝。 冬季寒冷,补肾正当时。而枸杞子归肝、肾经,吃点枸杞子能很好地补肾气、平补阳气、益精明目、养血、延缓衰老。 可用枸杞与鲜山药熬粥,具有益气养肺、滋补肝肾的功效,是肺虚咳嗽者的食疗佳品,也可用枸杞与菊花一起泡茶喝,可清肝明目、延缓皮肤衰老,适合长期久坐的办公族。 要注意的是,枸杞子温热身体的效果相当强,正在感冒发烧、身体有炎症、阴虚内热及内有湿热人群不宜服用;患有高血压、性情太过急躁的人,或平日大量摄取肉类导致面泛红光者最好不要食用;身体健康无需滋补者,枸杞子不可常吃。枸杞子吃太多会造成眼睛肿胀,视力模糊;枸杞子含糖量较高,糖尿病病人应慎用。 (责编:权娟、许心怡)相关的主题文章: