新型「狙撃銃」が、南京マラソンにデビューすることができた。-www.ncss.org.cn

新型「狙撃銃」は、南京マラソンにデビューしていた無人機の新型「狙撃銃」を10月16日に開催することになった。紹介によると、無人機「狙撃銃」というのは、実は無線信号妨害装置である。今回の共同開発玄武警察関係者の無人機「有効射程狙撃銃」いちキロメートルだけでなく、遮断飛んで手や無人機の間の信号も、強制無人機降下。調査によると、メーカーは無人機の設定、信号がとだえて場合が2種類の情況は、返や現地に着陸。そこで警察は、無人機の「狙撃銃」を運用する際、一般的に信号を遮断するだけでなく、無人機によって駆動されています。警察はここで広大な無人機愛好者を注意して、南京マラソンの期間、試合の地区は許可を経ていない無人機の打ち上げを許さないのです。もし関係単位が確実に仕事のために必要な場合、無人機を使用しなければならない場合は、試合組織側に申請し、同意した後に公安機関に新聞準備をしなければならない。(レイシ網)

新型“狙击枪”将亮相南京马拉松 可拦截迫降无人机 新型“狙击枪”将亮相南马   2016南京马拉松即将于10月16日举行,记者了解到,南京警方已经准备了无人机“狙击枪”,专门对付未经允许升空的无人机。   据介绍,所谓的无人机“狙击枪”其实是一个无线信号干扰设备。玄武警方此次联合相关单位研发的无人机“狙击枪”有效射程1公里,不仅可以阻断飞手和无人机之间的信号,也能强制无人机降落。据了解,厂家对无人机有个设定,在信号被阻断的情况下会出现两种情况,自返或者就地降落。所以警方在运用无人机“狙击枪”时,一般只是阻断信号,将无人机驱离,以起到震慑、警示作用。   警方在此提醒广大无人机爱好者,南京马拉松期间,赛事区域是不允许未经许可的无人机升空的。如果相关单位确因工作需要,必须使用无人机,可向赛事组织方申请,待同意后再向公安机关进行报备。(荔枝网)相关的主题文章: