魯能遠徴軍球場の国旗を掲げて拒絶される韓国記者がボールに挑発捜狐スポーツ-clonecd

勝遠征軍場は国旗を掲げて韓国の記者の勝利を拒否された。スポーツは1対3である。しかし、魯能にとって、希望が、しかし多くの努力を払わなければならない。ソウル特別市との試合、魯能チームプレーしてちょっと緊張して、後は必ず帰ってホームを出して相手の勇気決戦こそ、争い口調。この試合には、約1500人の中国人ファンが参加していた。この中の一部は山東省から、北スタンドの青年を含めた多くのファンがグループを組んでソウル特別市へ行って、泰山を応援してくれた。試合開始前、ファンも声が響くは泰山チームを応援。試合開始後、ソウル特別市ファンの勢いは優勢だった。ソウル特別市のホームでは、自分の北スタンドがあって、ホームページの前半はソウル特別市ゴールの後ろで観戦していて、ソウル特別市のファンの方にぴったりです。最初から彼らは非常に強い勢いを出して、ソウル特別市のドアのドアを開けてボールを開けて、彼らにもリズムの応援の方式があって、これらは確かに学ぶべき所です。比べてみると、中国のサポーターの勢いは多くなっていますが、試合中には泰山の方にも断続的に叫ぶことができます。しかし試合中、何分かあって、ソウル特別市のスタンドのファンはリズムがあって、南のスタンドの山東のファンが泰山を叫んでいて、これも試合中双方のファンのやりとりである。途中で休んでいるうちに、現場で物語があった。スタンドでは、韓国の安全保障者は山東ファンを連れて行きたいと思っていた。記者によると、韓国の安保はまず、空気を入れるなどの応援道具をもらった後、国旗を上げなければならないということを知っていた。後半の試合開始後、安全保障がスタンドを離れ、ファンも試合を続けることができた。記者が知っていたのは、本当は国旗が国旗を掲げていないという現象ではなかったが、前の葉が出ていても、これまでの自慢話では、これまでにソウル特別市のホームには厳しいものが多いようです。でも現場に韓国の国旗を掲げ、知らない韓国安保と押収国旗は何かの原因。この場合、9月14日にソウル特別市とのホーム試合では、韓国ファンも国旗を掲げなければならないので、その時は安全保障の手配をしなければならない。また、文字記者席で、韓国のファンが中国記者を挑発していた。ソウル特別市のゴールの時、彼は絶えず挑発的なジェスチャーをして、ゴールにゴールした時、中国の記者に祝いのないジェスチャーをして、確かに怒っている。試合の結果はソウル特別市の勝利で、一部の極端なソウル特別市ファンはやはり友好的ではなく、このような友好に直面して、最も良い反撃はホームに戻って相手を破ったのです。これらの現場で起こった物語は、どんな矛盾を起こしたいのではなく、泰山がホームに戻ってくるのを楽しみにして、自分の強硬な表現で相手に反撃することができるのです。きゅう、く月じゅうよん日、魯能ホーム再戦ソウル特別市に限り、0よりのスコアは進級、不可能じゃない。期待したいファンに魯能スタジアム、泰山隊に多くを励まして、この時、私達が一緒に戦う。試合後から今まで、実は多くの悲観的な発言を見て、この部分のファンの気持ちを理解しているが、チームが困難な時には、ファンが支持することが必要な時だ。前の保级、今の決戦、本当のファンが立ち上がってチームをサポートする、この時、私の本当の魯さんもできる。

鲁能远征军球场挂国旗遭拒绝 韩国记者赢球挑衅-搜狐体育  1比3,鲁能在亚冠八强战首回合的比赛里客场不敌首尔,处于被动的位置。但是对于鲁能来说,希望还在,但是必须要付出更多的努力。与首尔的比赛,鲁能全队都踢得有些太紧张,回到主场后必须要拿出决战对手的勇气,只有这样,才能争口气。   这场比赛,约有1500名中国球迷进场为鲁能泰山加油呐喊,这其中一部分来自山东,包括北看台青年在内的多个球迷组织组团前往首尔,为泰山队加油呐喊。在比赛开赛前,球迷们还能喊声响亮的为泰山队加油。可比赛开始后,首尔球迷的气势就占据上风。   在首尔的主场,他们也有自己的北看台,主页上半场正好在首尔球门后面观赛,正好在首尔球迷方阵这边。从一开场他们就营造出极强的声势,就连首尔门将开门球,他们也有有节奏的助威方式,这些的确是值得学习的地方。相比而言,中国球迷方阵的声势要小了很多,不过比赛中他们也可以间歇性的高喊泰山队,只是气势上远远不如对手。   不过在比赛中,曾有那么几分钟,首尔北看台的球迷有节奏的打着鼓点,南看台的山东球迷紧跟着喊泰山,这也算是比赛中双方球迷的一次互动。而在中场休息的时候,现场发生了一个故事。在看台上,韩国安保人员一直想要带走一个山东球迷,理由是他悬挂中国国旗。记者了解到,韩国安保先是收走了充气棒等助威工具,之后还要收国旗,球迷们自然不愿意,双方并没有发生大规模的冲突。等下半场比赛开始后,安保才离开看台,球迷也得以继续观看比赛。   记者了解到,其实在亚冠客场并非没有悬挂国旗的现象,之前恒大的亚冠客场,包括鲁能的亚冠客场也都出现过国旗,只是在首尔的主场,似乎管得要严很多。不过现场有韩国国旗挂起,不知道韩国安保想要没收国旗是因为什么原因。如果按照这个情况的话,9月14日鲁能与首尔的主场比赛时,韩国球迷也不应该悬挂国旗,到时候这要看现场安保的布置。   此外,就在文字记者席上,有一个韩国球迷始终在挑衅中国记者。首尔进球的时候,他不断做出挑衅的手势,而鲁能进球时,他做出让中国记者不要庆祝的手势,的确让人愤怒。比赛的结果是首尔赢球,部分极端首尔球迷还是表现出了不友好,面对这种不友好,最好的回击就是回到主场击败对手。   描述这些现场发生的故事,并非是想要激起什么矛盾,而是期待泰山队回到主场后,能够用自己强硬的表现来给对手一个回击。9月14日,鲁能主场再战首尔,只要2比0的比分就可以晋级,这不是没有可能。期待更多球迷可以走进鲁能大球场,给泰山队更多鼓励,这时候,我们需要战斗在一起。   从赛后到现在,其实看到很多很悲观的言论,理解这部分球迷的心态,但是球队困难的时候,才是需要球迷支持的时候。之前的保级,如今的决战,都需要真正的球迷站出来支持球队,这一点,我相信真正的鲁蜜都可以做到。相关的主题文章: