中国の雨の風雨30年:先の事を先輩に聞いて-www.bv2008.cn

中国の雨の風雨30年:先輩の話を聞いてみると、「要約」は30年の待ちで、顔が古くて、青春はもう二度とない。しかし、昔の中国では、これまでの中国の有名な有名人たちが、これを愛していた。長く生きる!チャンピオン戦は2割の行き詰まりを重くして、三十年の待ちを重ねて30年も待っていた。顔は古くて、青春はもう二度とない。1971年生まれの周俊も全国チャンピオン2016年まで、世界選手権恒大ノック中国広州で突然登場する、ベテランたちが突然春の中の「復活」の兆し。取り出し封じられてクラブ、3親友を誘って、代、それらと自分と子供の同い年の天才達一試合。ほかでもない、ただあの最後のスヌーカーちっく。福州、海市、広州、広大な人の群れの中で、すでに理解していないで、これらはかつて中国の古いものを叱咤していることを覚えています……しかし、彼らは中国において、これまでのことを書いていた。これらの年には、彼らはこの運動を離れたことがない。この特定のテーマは、広州日報記者会見を書いている。これは、歴史的な歴史的な歴史的な歴史としての歴史的な歴史である。広東省を南下して勉強した経験は、もっと面白いと思っていた。実は、中国のプロにとって、よく見かけるビリヤードは、ただ1つの広さの概念で、北方の多くは中国式の黒8、アメリカで、ボール、プレー、試合のルールに至るまで、すべてのものと大きな差があります。チームメイトとその年の中国のエリート大会に参加したのは、英連邦国家と地区に広まって、中国の香港を経由して内陸に入って、率先して広東に定着しているため、広東は非常に深いスノーマンの基礎を持っていて、全国各地のビリヤードの愛好者が広東の巡礼に来ることができて、海は自然も中国のオリンピックの運動の最高水準を代表しました。福州のバスケットボールの中で試合を回っている間に、記者は葉の木、葉の葉、葉などの上で世紀の90年代の王さんは1度の対話を展開して、その年に一緒に食べた苦しみと過ごした楽しい時間を回想しています。オリジナルは1967年生まれで、1985年に初めてのものと接触して、勉強をしていたのが早いです。その年代、球技の選手が球技の最高のプラットフォームを展示したのは全国選手権とエリートである。株は数年間で6項の全国チャンピオンを収穫した。「第一の1989年全国選手権で個人優勝した。エリート戦で4位に3位を獲得した。1人目の3位だった」と述べたのは、白髪のベテランのベテランが、かつて内陸のビリヤード界で、「この2つの試合は全国最高レベルで、その後に全国の従業員試合を増設した」と回想している。」1994年に従業員の試合があって、ブランドは団体で第1位を獲得して、しかしボーナスがなくて、個人の第1は1500元のボーナスしかありません。「1994年、私は一年さんのチャンピオンを持って、北京をごの試合の準優勝に、さん第さん。」金卫锋誇りに言うが、その年代は無力なボーナス、选手として、生活はまだ決まらない。同じく1994年、広東の名将は中国大陸で初めてイギリスのプロモーションの資格を取得した選手になりました。過去の歳月を思い出して、何人かのベテランが、その年も競技場のライバルだったが、今は生活の中のいい兄弟であり、「共進退」の味がある。どこまで行っても、味はお茶を持って、一生一番好きなんです。そもそも、福州に来てお茶を持ってくる必要はないのですが、彼はやはりこの味を愛しているので、友達に配達してもらいます。夜、彼は何人かの話をして、お茶を飲んで、タバコを吸って、簡単な生活、だんだん人にかつての光り輝くことを忘れさせます。これは一段の忘れた昔の事があったことがあったことがあったことがあったことがありませんが、彼は深圳の羅湖で1家のボールの部屋の日光の新しい新幹線を経営していて、かつての“イスラム教”は最後にやはり故郷に帰ります。1993年、彼は北京でボールの部屋を開いたことがありますが、北方ではこれを打っていた人が少ないので、黒い8 , 000人を遊んでいる人が多いです。6回の全国チャンピオンを持っていたことがあって、この風景は無限であるべきであるが、葉はやはり魚を選ぶことを選ぶ。「私の最後の試合は1997年に鄭州の全国大会決勝で負けた杨建业いちよんしよ、今もうじゅうく年ないしたことがあった。」彼はお茶を一口飲んだ感じて、全体の人の楽、長いあのボール封レバーました。話をしているうちに,帽子が部屋に入ってくると,みんな旧友で,二言三言は当時の様子を振り返った。「ついでに少林寺に行ってきて、北京に行ってきた」というのは、「ボーナスが少なくて、「食べた」が見つからないと、やりたくないと言っていた。」その年代は、ちょうどイギリスの最盛期の時期だった。1995年、世界のプロ選手権の準決勝で147分の満点をもって他国に勝った。ホワイト、決勝戦では18より9より楽になっていた。この1回のクルーズで優勝したボーナスは100万ポンドを超えた。また、中国のサッカー選手は家族を助けるために、外食費を解決するために困っている。ただの選手は、ピアノの選手だけでなく、時には小さな賭けをすることができます。今日に至っては、プロモーションの試合をしていた選手も2本で遊ぶことができました」。上世紀90年代、イギリスに行って職業ランキングを打つのは高くないことではありません。全国の優勝さえすれば、イギリスに行って職業試合をすることができて、残りは経費の問題だ。「私たちは何年も勉強したばかりで、レベルはそんなに良くない。その時、友達が私に1年12万元イギリスに行ってボールを打ってくれたが、英語がわからなくて、生活に慣れないなどと思っていたので、あきらめてしまった」と言った。一つの事は彼にこのような選択をして決定的になった。1995年アジア選手権いちよんしよ決勝金卫锋代表、中国チームの代表、言葉がわからない問題が、裁判の判決を言い渡した結果、勝利とはすれ違い。先行する場合、負けた、彼は気がふさいで久しぶりに。その年代、マレーシア、タイ、シンガポールは非常に高くなっていた。残念なことに、1985年には2年も仕事をしていたものが、偶然に偶然と接触して、一生の「ボール」を追う道を始めました。「その時に自転車に乗って行く羅湖ボール不動球技をして、費用はとても高くて、単独では今を一枚たまつき台あなたに练習して、自分金卫锋」「借り一枚台練習しない可能なのに、この経済能力。」月給200元の従業員に対して、家族を養うの同時に、球技をして、実は根本どうして知らないで、ただもう好きになったこの運動。「1年になってやっと1000元貯金した。」文句を言って笑う。その後、ボール屋で管理仕事を始め、ゆっくり経営していた。「何十年もビリヤードをしていて、仕事が始まった時、私たちはボールを勉強し始めた。今はまるで青春を浪費しているような気がします。」金卫锋しようがないと言って。1989年、彼は全国優勝を手に、1990年に行く機会がある中国香港と亨德利などのスターを対抗戦。「当時はとても興奮して、北京の戸籍簿を郵送するビザがない、1ヶ月半を済ませて、今にも試合は明日に咲いた、夜のニュースを読んで、香港の选手たちが出場金卫锋思い出ベンチ」、語気に殘念ですが、その後のあまりに長い時間にプレーして、「その時思ったと切磋琢磨して外国人。」1995年じゅういち月、再び金卫锋をイギリス試合のチャンス。すでに逃して一回の機会は親父托関係したビザ、彼はその試合に勝ったご個人、負けたご個人、グループリーグ突破できなかった。「さを感じることができ、非プロ選手と比べて、私達のレベルの差が大きくない。」金卫锋と。回顧中国スヌーカーの発展の過程、金卫锋「世纪のきゅうじゅう年代の内地の試合は、前の3名、その他の人は赤字選手が耐え大きな圧力と来てお金のおかげで、本当に勇気がある参加いい。たくさんの人が借金の代表。」といえば今より多くの子供は本を読まないプレー金卫锋最も善い本を読むと、非常に重要なポイントは、球技をする天分が、見て自分が好きか、親を追い詰めて子供もなく、「いくつかの家の条件の悪い子供どころか、もっといいし、彼らが知っているようなチャンスを大切にします;私たちは当時はボール房に十数人の、二十時間、夜寝球不動。」丁俊暉の成功に対して、彼らは水が流れてくれば用水路も開かれるのことも、祝福の天才選手が世界大会でより良い成績が取れる。

中国斯诺克风雨30年:听前辈讲那过去的事情 [摘要]30年的等待,容颜易老,青春不再;但昔日中国斯诺克名将们,对斯诺克的热爱,犹如一壶30年的陈酿,悠久绵长。 活久见!冠军战两成僵局重摆 小丁击打黄球跳出台 30年的等待,容颜易老,青春不再;但昔日中国斯诺克名将们,对斯诺克的热爱,犹如一壶30年的陈酿,悠久绵长。出生于1971年的周俊也是全国冠军直到2016年,恒大世界斯诺克中国锦标赛在广州横空出世,老将们突然有了春天里“复活”的萌动。取出尘封已久的球杆,邀上三五好友,在不惑之年,与那些跟自己孩子同龄的天才们来一场比赛。不为别的,只为那段未了的斯诺克情怀。在福州、海宁、广州,茫茫人海中,已经无人认出、记起这些曾经叱咤中国斯诺克界的大佬,金卫锋、张国明、周俊、郭华、杨建耀……但他们书写了斯诺克在中国落地生根的“前传”,这些年,他们从未离开这项运动。本专题撰文 摄影 广州日报记者 孙嘉晖这是一段尘封的历史说起斯诺克,自然绕不开丁俊晖以及他的广州师父、中国斯诺克“教父”伍文忠。丁俊晖南下广东求学的经历更是认为津津乐道,弹指一挥间,这已经是18年前的事情了。其实,对于中国普罗大众来说,坊间常见的台球,只是一个宽泛的概念,北方大多是中式黑八、美式九球,从球桌、打法,到比赛规则,都与斯诺克有较大的差别。张国明(左一)与队友参加当年的中国精英赛斯诺克是流行于英伦三岛的舶来品,后来传播到英联邦国家和地区,经由中国香港进入内地,率先在广东落户扎根,因此,广东有着非常深厚的斯诺克群众基础,全国各地的台球爱好者前来广东朝圣,南粤自然也代表了中国斯诺克运动的最高水准。在福州斯诺克中巡赛期间,记者与金卫锋、张国明、杨建耀等上世纪90年代的斯诺克名将展开了一场对话,回味当年一起吃过的苦和度过的快乐时光。金卫锋出生于1967年,1985年第一次接触斯诺克,勤学苦练让他成为早期斯诺克运动的顶尖高手。那个年代,斯诺克球员展示球技的最好平台就是全国锦标赛和精英赛。金卫锋在几年间收获了6项全国冠军。“第一个1989年全国锦标赛个人冠军,后来精英赛打了4次拿过3个冠军,1个第3名;”金卫锋回忆道,这位头发斑白的老将,曾经在内地台球界叱咤风云,“这两个比赛都属于全国最高水平的了,后来又增设了全国职工赛。”1994年职工赛,金卫锋获得团体第一名,但没奖金,个人第一也只有1500元奖金。“1994年,我一年拿了3个冠军;在北京打了5个比赛,2个亚军、3个第3。”金卫锋自豪地说,但无奈那个年代并没有丰厚的奖金,作为球员,生活依旧没有着落。同样是1994年,广东名将郭华成为中国内地第一个取得英国职业斯诺克赛事资格的选手。回忆起过往的岁月,几位老将不胜唏嘘,虽然当年也是赛场上的对手,但现在却是生活中的好兄弟,有一种“共进退”的味道。不管走到哪里,金卫锋都要带着茶,平生最爱单丛。按理说,来福州应该不用带茶叶过来,不过,他还是独爱这个味道,所以让朋友快递过来一包。晚上,哥儿几个聊聊天、喝喝茶、抽抽烟,简单的生活,渐渐让人淡忘曾经的辉煌。这是一段遗忘的往事金卫锋的一生注定与斯诺克结缘,他在深圳罗湖经营着一家球房阳光新干线,曾经的“北漂”,最终还是要回到家乡。1993年,他曾在北京开过球房,不过北方打斯诺克的人比较少,玩黑八、九球的人多。拿过6次全国冠军,本该风光无限,但金卫锋还是选择急流勇退。“我的最后一场比赛是1997年郑州全国锦标赛,1 4决赛输给了杨建业,至今已经有19年不打球了。”他呷了一口茶,感觉整个人轻松下来,打完那场球就封杆了。正在说话间,杨建业走进房间,大家都是老友,三言两语回顾了当时的情形。“我顺便去少林寺逛了一下,然后去北京,”金卫锋说,“奖金那么少,也找不到‘吃的’,就不想打了。”而那个年代,刚好是英国斯诺克鼎盛的时期。1995年,亨德利在世界职业锦标赛的半决赛中以147分的满分杆战胜了吉米·怀特,决赛中又以18比9轻松击败奈杰尔·邦德夺得冠军。这一次单从克鲁斯堡赢得的奖金就超过了100万英镑。而中国斯诺克选手还在为养家糊口、解决外出比赛经费犯愁。斯诺克球员只能当陪练,有时还会小赌一把,这是行内公开的秘密。直到今天,不少已经打职业斯诺克比赛的球员也会玩两把“小赌怡情”。上世纪90年代,去英国打职业排名赛并不是高不可及的事情。只要拿到全国冠军,就可以去英国打职业赛,剩下的就是经费问题了。“我们刚学了几年球,水平不是那么好,当时朋友愿意赞助我一年12万元去英国打球,但因为不懂英文,生活不习惯等,我放弃了,”金卫锋说。一件事情对他作出这样的选择起到了决定作用。1995年亚洲锦标赛1 4决赛,金卫锋代表中国队参赛,因为语言问题,没弄明白裁判的判罚,结果与胜利擦肩而过。在领先的情况下,输掉了比赛,让他郁闷了好久。那个年代,泰国、马来西亚、新加坡斯诺克水平都很高,金卫锋还夺得了第11届亚锦赛的冠军,也具备了不错的实力。这是一段遗憾的经历1985年,已工作两年的金卫锋偶然接触到斯诺克,从此开始了一辈子的追“球”之路。“那时要骑单车去罗湖球房打球,费用挺高的,不是像现在单独拿一张球台给你练,”金卫锋说,“自己租一张台练球不可能的,没有这个经济能力。”对于月薪200元的职工,养家糊口的同时刻苦打球,其实根本不知道为什么,只是疯狂地喜爱上了这项运动。“一年下来才存了1000元。”金卫锋笑着说。后来,他开始在球房做管理工作,慢慢学会经营球房。“几十年跟台球打交道,亨德利开始打职业赛的时候,我们才开始学球,现在看简直是浪费青春。”金卫锋无奈地说。1989年,他拿到全国冠军,1990年有机会去中国香港和亨德利等球星打对抗赛。“当时很兴奋,把户口本邮寄到北京办签证,但一个半月都没办下来,眼看比赛明天就要开了,晚上看新闻说由香港选手替补我们出战,”金卫锋回忆,语气中充满遗憾,之后很长时间没打球,“那时候就想和老外切磋一下。”1995年11月,金卫锋再次获得到英国比赛的机会。已错过一次机会的他让老爸托关系办了签证,他在那项比赛中赢了5个人、输了5个人,未能小组出线。“但能感觉到,和非职业选手相比,我们的水平相差不大。”金卫锋说。回顾中国斯诺克的发展历程,金卫锋说,“上世纪90年代的内地比赛,除了前三名,其他人都要亏本,运动员要承受很大的压力,想到来了就亏钱,真的要有勇气参赛才行;很多人要借钱参赛。”说起现在越来越多的小孩不读书去打球,金卫锋认为,读好书非常重要,打球关键还是要有天分,看自己喜欢不喜欢,有些家长逼着孩子打球也没用,“有一些家里条件较差的孩子,反而打得更好,他们知道珍惜机会;就像我们当年可以在球房一呆十几个、二十个小时,晚上睡在球房。”对于丁俊晖的成功,他们认为这是水到渠成 的事情,也祝福这位天才球星能够在世界大赛上取得更好的成绩。相关的主题文章: