成都オープンさせて百年のテニスの城より「伝説」(動画)-caxa实体设计

成都テニスの公開試合は百年テニスの城よりも「伝奇」「要約」を前に、成都は全国ツアー250試合の開催権を正式に獲得した。それによって中国は上海、北京、深圳に続く4つ目のグローバルツアーの都市となった。成都は初の満席プロテニス試合を迎えた(このビデオは原文と関係なく読み続けている)フランスの名将・アイが参加する。中国西部の今までの最高レベルの国際試合として、「アリ」として、「フランスアリ」のこだわり、「小茶」、スペインのイケメン、南アフリカの大砲であり、スーパー新星グラムを含めた男子テニスが集団空挺成都市になっている。割網定住成都はこの都市にどう変わるの?百年テニスの歴史を持つ伝奇の城がもっと伝奇的になるかどうか?華西都市新聞記者は四川テニス試合の有名なキャリアを取材したことを取材した。彼は成都が成都の内幕に定住することを明らかにしただけではなくて、その上彼は専門の角度から分析して、ネットの開催は成都テニスに巨大な発展空間を迎えるだけではなくて、同時に成都の旅行業に対して直接の影響をもたらします。ソウル特別市や東京の代わりに「原句」の前に、成都は全国ツアー250試合の開催権を正式に獲得しており、上海、北京、深圳に次ぐ世界ツアーの4つ目となった。ATPは最終的に成都に定住して、農夫の目の中でこれは重要なことであることを計算します。彼は言った:「今年4月に成都の国際的な国際的なブランドの大家の試合は、国際的な歴史の創立100周年の時に全力を尽くして創立した1項の世界のトップの青少年のテニスの試合で、この試合は非常に成功して、国際的な魚の前の主席の高度な承認を得て、彼はこの試合は世界の青少年のテニス選手が職業選手に通じる必要な橋で、未来のテニスの星は今回の大会を経験しなければならないと思っています。」農夫の紹介、国際ネット靑年マスターズ開催期間中、img(国際スポーツ管理集団)の専門家も招待を見学に来て、今回の試合は現れる専門化の程度は彼らに非常に深い印象を殘した。「私たちと一緒に高いレベルの国際テニス学院を開催している。試合が終わってから4日目になると、李さんは大会組織委員会によると、成都に興味がありませんでした。今年のこの試合はクアラルンプールで開催されています。クアラルンプールはすでに3年が開催されました。しかし彼らは希望をこの試合を潜在的な都市がいい。その前に、東京とソウル特別市img表現したいにも主催競技の意誌。」それはどうして最終的に成都を選んだのですか?農夫は、このところの成都の“有备而战」。「成都市の指導者は大きなスポーツを都市の国際化を推進するために必要な要素として、その場ではすぐに返事をしたが、相手は成都の国際化、開放度、会場条件、大会の組織レベルが気に入っているため、今回の試合をクアラルンプールから成都に引っ越した」と話している。」最も短い時間と最も短い時間と最も権威のある方式で、最も専門的な計画を提出することができるのは最も短い時間と最も権威的な方式でして、同時に最も専門的な企画を提出した。農夫は言った。「私たちはそれまでの株式会社との共同協力を計画して、この大会を成都に残すことにした。この試合の安定発展は非常によい。北京は永遠に中国のテニスの公開の所有権を持っているように、上海には有名なテニスの大家がいる。」「成網で行われ、証明して成都にふさわしい中国男子プロテニス第四城から、中国の西部、この試合は最高レベルの代表選手も、トップは、スポンサーの種類、規模やスポンサー金額最高。」農夫は「一項の高レベルのテニスの試合に定住する都市は、3つの条件は、まず高いレベルの選手がこの都市の認可。次は都市には十分理解できるテニス運動と観賞試合のグループ;最後にはこの都市の試合には高度な統一と管理能力。また、政府の支持と歴史の積み重ねが重要だ。」借りATP250の東風「テニスの城”を迎えて新生農夫は「成都オープン、都市としてのブランドの重要な普及、きっととても長い目標が、今は一歩一歩歩いて、少しずつアップグレードは、ATP250開催成功後、まだ申請をATP500、網球を継続して変わるこの座都市。」6日夜、華西都市新聞記者が成都市テニス協会からもらった成都テニスの発展の現状については、「2009年から2016年までの7年間で、成都テニス運動が急速に発展し、各テニス協会のクラブの実力が急速に伸び、テニスの人口は急速に拡大し、影の音、葉が急速に上昇している7年になる」という……7年後の今日、成都は1200枚の高品質のテニスの会場で、10万以上のアマチュアテニスの愛好者がいて、毎年何百場の本土のアマチュアテニス試合があります。」業界の人々は、ネットの開催は必ず多くの人がテニスに参加するという運動に参加することができると思っています。もっと多くの人にテニスを知るためには、四川国際テニスセンターが成都テニスをテーマにした博物館を建設しています。今は写真募集の段階にありますが、将来のある日、この博物館は地方観光客になることができるのかもしれません。そしてまもなく開催されている成網は、農夫の目には、成都本土の観光業の直接的な発展をもたらすことができる。「スポーツや旅行の本質はのような、健康な生活方式、普及になっ網、成都の観光資源も宣伝のポイントで、この試合の開催が地方網ファンだけでなく成都観戦、国際的なトップ選手代表のあまり、有名な観光地も見学成都、成都この座都市の魅力はきっと彼らを通じて全世界に放射。」華西都市報記者杨帆

成都网球公开赛 让百年网球之城更“传奇” [摘要]不久前,成都正式获得了ATP世界巡回赛250赛事的举办权,从而成为中国继上海、北京、深圳之后第四个拥有ATP世界巡回赛的城市。 成都迎来首个ATP职业网球赛事 (此视频与原文内容无关,仅供延伸阅读)法国名将特松加将参加此次赛事。ATP250成都网球公开赛将于9月24日至10月2日举行,作为中国西部迄今为止最高水平的国际赛事,包括“法国阿里”特松加、“小费德勒”迪米特洛夫、西班牙帅哥洛佩兹、南非大炮安德森、超级新星克耶高斯在内的男单网球大咖将集体空降成都。成网落户蓉城将会对这座城市带来怎样的改变?一座有着百年网球历史的传奇之城是否会变得更加传奇?华西都市报记者采访了四川网球赛事著名运营推广人农夫,他不仅透露了ATP250落户成都的内幕,而且他从专业角度分析,成网的举行不仅会让成都网球迎来巨大的发展空间,同时也会对成都的旅游业带来直接的影响。替代首尔和东京只因“有备而战”不久前,成都正式获得了ATP世界巡回赛250赛事的举办权,从而成为中国继上海、北京、深圳之后第四个拥有ATP世界巡回赛的城市。ATP 最终落户成都,在农夫眼里这算是水到渠成 的一件事。他说:“今年4月成都国际网联青年大师赛,是国际网联成立100周年之际倾力创办的一项全球顶级青少年网球赛事,这届比赛举行得非常成功,也获得了国际网联前主席的高度认可,他认为,这个比赛是全球青少年网球选手通向职业选手的必须桥梁,未来的网球之星需要经历这次大赛。”农夫介绍,在国际网联青年大师赛举办期间,IMG(国际体育管理集团)的专业人士也应邀前来观摩,本次比赛呈现出的专业化程度给他们留下了非常深刻的印象。“当时IMG和我们就谈了合作的意象,比如共同举办高水平的国际网球学院。比赛结束后第四天,IMG致电大赛组委会,他们问成都有无兴趣接盘今年的ATP250,本来今年这个赛事在吉隆坡举办,吉隆坡已经举办三年。但他们希望把这个比赛放到更有潜力的城市来办。在此之前,东京和首尔也向IMG表达过想主办这项赛事的意愿。”那为什么最终IMG选择了成都?农夫认为,这得益于成都的“有备而战”。他说:“成都市的领导把重大体育赛事作为推动城市国际化进程必备的要素,因此对IMG方面很快做出回应,而对方也看中了成都的国际化、开放程度、场馆条件以及大赛的组织水平,因此将此次比赛从吉隆坡搬到了成都。”争ATP250所有权有望永久落户成都成都以最短的时间和以最权威的方式做出可以承办ATP250承诺,同时也向IMG提出了最专业的策划方案,IMG认为,成都对这个赛事的未来发展有着长远的眼光,因此成都人能永远地在家门口欣赏国际顶级网球赛事,这并不是痴人说梦。农夫说:“我们甚至还有和IMG进行股权合作的计划,争取把这个大赛留在成都,这对赛事的稳定发展非常好,就像北京永远拥有中国网球公开赛所有权,上海有ATP1000网球大师赛所有权那样。”“成网的举行,将证明成都是当之无愧的中国男子职业网球第四城,因为在中国西部,这个比赛级别最高,参赛球员排名最高,而且赞助商的种类、规模和赞助金额最高。”农夫说:“一项高水平的网球比赛落户一个城市,要有三个条件,首先是高水平运动员对这座城市的认可;其次是城市里要有足够多能理解网球运动和观赏比赛的群体;最后是这个城市对比赛有着高超的统筹和管理能力。此外,政府的支持和历史的积淀都很重要。”借ATP250之东风“网球之城”迎新生农夫说:“成都网球公开赛,作为城市的品牌的重要推广,肯定有很长远的目标,但我们现在只有一步步走,一点点升级,ATP250举办成功后,还将申请ATP500,网球正在继续改变这座城市。”6日晚,华西都市报记者从成都市网球协会拿到的关于成都网球发展现状资料是:“从2009年到2016年的七年里,是成都网球运动快速发展,各网球协会俱乐部实力快速增长,网球人口迅速扩大,影响力、美誉度迅速提升的七年……七年后的今天,成都已有1200片高质量的网球场馆,有10万以上的业余网球爱好者,每年有几百场本土业余网球赛事。”业内人士认为,成网的举行势必会令更多人喜爱和参与网球这项运动。据了解,为了让更多人了解网球,四川国际网球中心还正在筹建一个以成都网球为主题的博物馆,虽然目前正在处于图片征集阶段,但未来的某一天,这个博物馆或许能成为外地游客来成都游玩的目的地之一。而即将开赛的成网在农夫眼里更是可以带来成都本土旅游业的直接发展。“体育和旅游的本质是一样的,都是健康的生活方式,我们推广成网,成都的旅游资源也是宣传的重点,而这个比赛的举行不但可以让外地网球迷来成都观战,国际顶级球员参赛之余,也会参观成都著名旅游景点,成都这座城市的魅力必然会通过他们辐射到全世界。”华西都市报记者杨帆相关的主题文章: