米英の金メダリスト集団渉薬「禁药IOC陥危機(動画)」-jiuyaogan

米英金メダル選手の集団関係薬委員会は、9月13日から現在に至るまで、「ファンタジー熊」は約40名を使用しており、その中で、英米の選手が半分を超えたと発表した。ロシアのハッカーは、世界反覚醒剤機構の二重標準を使用しますか?シャラポワ(資料図)朝刊記者徐明北京時間きゅう、く月じゅうはち日、世界反ドーピング機関(WADA)公式サイトで認めて、ハッカー組織「不思議な熊」(Fancy Bears)が発表した最新の服用禁止薬物選手名簿が事実。ニュースは、全世界が!9月13日から今まで、「ファンタジー熊」は約40名のブランドを使用した選手のリストが発表されていますが、その中では、英米の選手が半分を超えています。「ファンタジー熊」は、これらのデータによると、世界反覚醒剤機構がこれらのスポーツ選手のために信号を飲んでいたが、半年前、同機構は同じ原因でロシアのテニスの武将に対して罰金を提出したという。今、このだから誰に片付けて?バッハというIOC会長に助けを求めロシア政府が、役に立ちますか?米英·;メダリスト集団“渉薬」は世界反ドーピング機関に遭遇した「不思議な熊」の侵入後、昨日声明を発表すると述べ、同国際司法機関やコンピューターセキュリティ分野の専門家と密接に協力し、覚せい剤のデータベースの安全を守る。調査によると、このデータベースはオンライン情報システムに掲げる情報は選手の所在地、ドーピング検査の歴史およびその結果、傷病薬品使用許可文書など。その前に、「ファンタジー熊」は、死亡剤を使ってけがをした選手の3陣を発表しました。「これらの選手たちは、世界反ドーピング機関の許可を受けて、「薬を治療する」という方法で、医療の目的に使われたものを使っています。」ハッカー組織によると。40人が露出した選手のうち、米英両国の選手は23人で、半分を超えたということです。9月13日、「ファンタジー熊」は第1回のデータを発表し、アメリカの女子体操選手4人に関連して、それぞれアメリカの女子体操の名将であった。彼らが許可を得たのは、糸をかけた松の松、水水素の松の松などを含む。きゅう、く月じゅうご日、「不思議な熊」に発表した第2陣のリストにアメリカ選手、ごじゅう名名イギリス選手、ご名ドイツ選手やデンマーク、ロシア、ポーランド、チェコ、ルーマニアの各いち名の選手。英国放送協会のウェブサイトによると、リオ五輪会場に自転車の男子団体を追いかけて試合の金メダリストブラッドリー·;ウィギンス、三回ツールドフランスチャンピオンクリス·;弗鲁姆すべてこのリストの列。医療情報によると、世界反覚醒剤組織側の許可が得られ、2008年から2013年までに2種類の禁止剤を服用できた。その一つは、花粉アレルギーを治療するためのホルモン薬です。それは、2013年から2014年にかけて、何か禁止されているホルモン類を使用することが許されています。9月16日に発表された第3陣の発表は、多くのリオ五輪の優勝が許可されていたが、その中には、ブッシュ(イギリス、女子ボクシング優勝)、ローラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。他のよんしよ名の選手デンマークから、スペインとドイツ。許可免除· ;国際権威機関哑火がますます増える選手名簿が発覚し、国際オリンピック委員会の態度に注目。しかし、9月18日までに国際オリンピック委員会は実質的な態度を示していないが、国際テニス連合、アメリカ反覚醒剤機構、アメリカ体操協会などの機構が次々と発表された。これらの薬の選手は無過ちである」。「薬を治療することの許可」とは、各スポーツ協会及び各国の反ドーピング機関が審査した選手医療によって、ある特定の薬を使用することに同意した。アメリカのテニスの名将は、露出が露出した後に、自分で申請して「薬の治療法の免除」を受けたとして、合法的なルールで治療用途に用いられる薬を使っています。「私はテニスの反ドーピングによって「治療薬の免除」を申請しました。」ソースは声明の中で、「「薬の治療法の免除」を申請するのは非常に厳しい過程で、私はすべて守ってしまいました。私はスポーツスポーツの清潔さと清らかさをしっかりと守り、私も世界反ドーピング機構、アメリカ反覚醒剤機構、国際テニス連合会及びテニス反ドーピング計画のすべてを遵守しています。」しかし、タイと同じように有名なロシアの選手にはこんなに幸運がなかった。今年3月8日、世界第1位、5回のグランドスラム者が突然ニュース発表会を開き、世界反覚醒剤機構を通じて全世界中(2016年1月)に行われていた覚醒剤の検出ができなかったと発表した。しかし、このブランドの後級選手は自分のミスを認め、そのために自分のキャリアを終えたくないとしていたが、3カ月の調査を経て、2016年1月26日から、世界的に2年間にわたっての処罰を開始すると発表した。その後、ロシアのスポーツ選手に対する嵐の嵐が襲ってきました。まず世界反ドーピング機関が発表に97ページの「マクラーレン報告」でも、全体のロシア後手後手、その後はじゅういくつかの国と手を組むの「を」、差し止めを求めてロシア参加Rioオリンピック。相手のターン爆撃で、ロシアのハッカー組織「不思議な熊」そわそわし、彼らが侵入してきたWADAのデータベース、露出した一連の選手の「治療薬免除許可」、明らかに、WADAは差別莎娃を含むロシア选手を含む。ハッカー·;ロシアが最も強力な反撃一ヶ月前に、ロシア陸上と重量挙げチームの選手はひゃく禁止され国際オリンピック委員会代表Rioオリンピック。その後、ロシアパラリンピック代表団は全员参加Rioパラリンピック禁止。そのため、「不思議な熊」誓って世界のスポーツの覚せい剤のスキャンダル露出。ロシアのプーチン大統領は、世界反覚醒剤組織に対して二重標準を実行したという。プーチン氏は、暴力団や他の選手が覚醒剤を服用することに疑問を示した。「私たちはハッカーのやり方に賛成していませんが、彼らのしたことは国際社会の特にスポーツ界の興味を起こさないわけにはいきません。この人にいろんな問題を起こす。」プーチン氏は、健康的なスポーツ選手が「合法」で他の選手に服用してはならない薬を服用するとともに、身体障害者が覚醒剤を服用していたと疑われていた。この現象は完全にいかなる合理的な範疇を超えている。世界反覚醒剤の総幹事長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。「今回のサイバー攻撃は、ロシアのドーピング問題を明らかにした世界の反ドーピング機関が発表したからだ。。」ブリタニア格利を訴え、ロシア政府を助けるべきハッカーの攻撃。一方、IOC会長がバッハも請求ロシア政府支援。メディアからのニュースによると、バッハはロシア政府に助けを求めて、「ファンタジー熊」を止めて選手のプライベートな医療ファイルを暴露することを阻止していた。今のところ、バッハの要求には効果はありませんが、「ファンタジー熊」はすでに表示されています。

美英金牌选手集体涉药 奥委会陷“禁药”危机 [摘要]从9月13日至今,“奇幻熊”已经先后公布了40名使用禁药的运动员名单,其中,英美的运动员超过了一半。 俄黑客曝小威使用禁药 世界反兴奋剂机构双重标准? 莎拉波娃 (资料图)晨报记者徐明北京时间9月18日,世界反兴奋剂组织(WADA)在官方网站承认,黑客组织“奇幻熊”(Fancy Bears)公布的最新一批服用违禁药物运动员名单属实。消息一出,全世界舆论哗然!从9月13日至今,“奇幻熊”已经先后公布了40名使用禁药的运动员名单,其中,英美的运动员超过了一半。“奇幻熊”表示,他们公布的这些数据显示,世界反兴奋剂机构为这些运动员服用禁药开绿灯,而半年前,该机构却因为同样的原因向俄罗斯网球名将莎拉波娃开出罚单。现在,这个烂摊子由谁来收拾?据说国际奥委会主席巴赫已经向俄罗斯政府求助,但有用吗?美英·金牌选手集体“涉药”世界反兴奋剂机构在遭遇了“奇幻熊”的入侵之后,昨天发表声明,表示将同国际司法机构和计算机安全领域的专家密切合作,保护兴奋剂数据库的安全。据了解,该数据库是一个网上信息系统,所载信息包括运动员所在地、兴奋剂检查历史及其结果、伤病用药许可文件等。在此之前,“奇幻熊”已经公布了三批使用兴奋剂来治疗伤病的运动员名单。“这些运动员在世界反兴奋剂机构的允许下,通过‘治疗用药豁免’这种方式,使用了用于医疗目的的禁药。”黑客组织说。据了解,在40名被曝光的运动员中,英美两国的运动员共有23人,超过了一半。9月13日,“奇幻熊”公布第一批数据,涉及4名美国运动员,分别是美国女子体操名将西蒙·拜尔斯,女篮运动员多恩,网球名将维纳斯·威廉姆斯、塞莲娜·威廉姆斯(即大小威姐妹)。他们获准服用的禁药包括泼尼松、氢化泼尼松等。9月15日,“奇幻熊”公布了第二批名单,涉及10名美国运动员、5名英国运动员、5名德国运动员以及丹麦、俄罗斯、波兰、捷克、罗马尼亚的各1名运动员。英国广播公司的网站报道称,里约奥运会场地自行车男子团体追逐赛金牌得主布拉德利·威金斯、三次环法自行车赛冠军克里斯·弗鲁姆都在这一名单之列。医疗信息显示,威金斯得到世界反兴奋剂组织方面的允许,得以在2008年到2013年间服用两种被禁药物。其中一种是用于治疗花粉过敏的激素类药物。而弗鲁姆则被允许在2013年到2014年间使用某种被禁止的激素类药物。9月16日,第三批名单的公布更是令人触目惊心,多名里约奥运会冠军被获准使用兴奋剂治疗伤病,其中包括尼古拉·亚当斯(英国,女子拳击冠军)、劳拉·特罗特(英国,女子自行车冠军)、西沃恩·玛丽·奥康纳(英国,女子游泳亚军)、奥利维娅·卡内基·布朗(英国,女子赛艇亚军)、金伯利·布伦南(澳大利亚,女子赛艇冠军)、亚历山大·别洛诺戈夫(澳大利亚,男子赛艇亚军)、杰克·博布里奇(澳大利亚,男子自行车亚军)。其他4名运动员来自丹麦、西班牙和德国。豁免许可·国际权威机构哑火随着越来越多的运动员名单被曝光,国际奥委会的态度备受瞩目。然而,截止到9月18日,国际奥委会并没有作出实质性表态,而国际网球联合会、美国反兴奋剂机构和美国体操协会等机构则纷纷发表声明称,这些涉药的运动员无过错,因为他们都获得了“治疗用药豁免许可”。所谓“治疗用药豁免许可”,即指各体育运动协会及各国反兴奋剂机构可以根据经过审核的运动员医疗需要,出具同意运动员使用某种特定药物的许可。美国网球名将小威廉姆斯在曝光使用了禁药之后,就表示自己申请并获得了“治疗用药豁免”,在合法合规的情况下使用用于治疗用途的药物。“我根据网球的反兴奋剂规定申请并获得了‘治疗用药豁免’。”小威在一份声明中称,“申请‘治疗用药豁免’需要非常严格的过程,我全部都遵守了。我坚定地支持捍卫竞技体育的干净和纯洁,我也严格地遵守世界反兴奋剂机构、美国反兴奋剂机构、国际网球联合会以及网球反兴奋剂计划的全部规定。”然而,与小威同是网坛名将的俄罗斯选手莎拉波娃却没这么好运了。今年3月8日,前世界第一、5届大满贯得主莎娃突然召开新闻发布会,称自己未能通过世界反兴奋剂机构在澳网期间(2016年1月)进行的兴奋剂检测。尽管这位WTA的天后级球员主动承认自己的失误,并不断表示不想因此而结束自己的职业生涯,可是经过3个月的调查,ITF宣布从2016年1月26日开始对莎娃实行全球禁赛两年的处罚,她在年初澳网取得的成绩和积分全部取消,奖金也被收回。此后,针对俄罗斯运动员的禁赛风暴迅猛袭来。先是世界反兴奋剂机构发表了长达97页的《麦克拉伦报告》,使得整个俄罗斯都陷入了被动,此后多达10几个国家联手“上书”,要求禁止俄罗斯参加里约奥运会。在对方的轮番轰炸下,俄罗斯的黑客组织“奇幻熊”坐不住了,他们入侵了WADA的数据库,曝光了一系列运动员的“治疗用药豁免许可”,显然,WADA是在区别对待包括莎娃在内的俄罗斯选手。黑客·俄罗斯最有力的反击一个月前,俄罗斯田径和举重队多达100多位运动员被国际奥委会禁止参赛里约奥运会;此后,俄罗斯残奥代表团更是被全员禁止参加里约残奥会。也正因此,“奇幻熊”发誓要曝光世界体坛的兴奋剂丑闻。据悉,俄罗斯总统普京对世界反兴奋剂组织实行双重标准感到愤怒。普京表示,黑客曝光威廉姆斯姐妹和其他一些运动员服用兴奋剂一事引发诸多疑问。“我们并不赞同黑客的做法,但他们所做的事情不能不引起国际社会尤其是体育界的兴趣。这让人产生许多问题。”普京指出,一些似乎很健康的运动员可以“合法”地服用其他运动员不得服用的药物,与此同时,那些身体严重残疾的运动员却因被怀疑服用兴奋剂而遭残奥会拒之门外。这种现象完全超出了任何合理的范畴。世界反兴奋剂机构总干事奥利维尔·尼格利在接受采访时表示,对WADA数据库遭黑客攻击事件,他认为这是俄罗斯政府在报复WADA。“此次黑客攻击事件,无疑是因为世界反兴奋剂机构曾发布揭露俄罗斯兴奋剂问题的报告,而遭到的报复。”尼格利呼吁,俄罗斯政府应该帮助制止黑客组织的攻击。与此同时,国际奥委会主席巴赫也出面请求俄罗斯政府支援。来自媒体的消息称,巴赫希望俄罗斯政府帮忙,阻止“奇幻熊”继续暴露运动员私密医疗档案。目前来看,巴赫的请求没有什么效果,因为“奇幻熊”已经表示,还将继续公布涉药的运动员名单。相关的主题文章: