W杯ベストワールド戦では、韓国が決勝戦で韓国に再対決-w32dasm

海外では11月14日、第21回LG杯世界囲碁オリジナル戦の第21回LG杯世界囲碁オリジナル戦が杭州本土で戦をしていた。2つの中では、今回のブランドは、今回の代表と00の代表と00を代表して決勝戦を始めた。彼らは中国の名物、党毅と決勝戦を争う。準決勝は16日に行われ、これまでの実績から韓国が優勢となっている。もともとは十歳の差があったので、2人の天王寺はそれぞれ最高の年齢で戦っていたが、2人が戦った初期には三星杯半に決勝戦を切ったことがあり、昨年の農産心カップは、すでにピーク期ではなく、日本では、日のようなものを破った。でも今日の試合は完全に朴廷桓制御、ネットの説明と周贺玺、序盤にアグリ黒43選択作戦はよくない、~62手白方優位。後に白114はリーダーのチャンスを与え、黒117が飛び出した後に乱戦になった。魚が葉を張る。決勝戦の決勝戦に失敗した後に、多くの葉は、彼が交代することが難しいと思っています。これまで孟泰龄国際競技場の最優秀戦績は2010年の第じゅうご回LG杯準決勝進出が入ったことがない中国レベル分前の十人、しかし彼は最近韓国棋士に表現超人的な勇気、最近半月围甲连勝で金志锡と姜东润若い二人の韓国の世界界のチャンピオン。でも今日の孟泰龄早くミスが右辰の変死早々、試合を失ったサスペンス。また2皿の中国の内戦は、葉が売りに勝って、党の毅が雲を飛んでいた。準決勝は16日に開催されており、長距離によるものであったが、党毅は戦いに向かった。韓国での韓国の棋士が上位にランクインしたとして、韓国の棋士が優勢となっている。でも周睿羊初の世界选手権は、第1回ひばり杯単戦を破った唯一の韓国棋士朴廷桓、最後に順調に優勝。(杨诚)

LG杯八强战古力不敌朴廷桓 半决赛中韩再度对决-搜狐体育  11月14日,第21届LG杯世界围棋棋王战八强战在杭州棋院战罢,两场中韩战古力、孟泰龄失利,韩国90后代表和00后代表朴廷桓、申真谞打入半决赛,他们将与中国的周睿羊、党毅飞争夺决赛权。半决赛将于16日举行,从以往战绩上看韩国占上风。   古力对阵朴廷桓,因为相差整整十岁,两位天王级棋手没在各自最好的年纪交手,在两人交手初期,古力曾在三星杯半决赛零封朴廷桓,去年的农心杯,已经不在巅峰期的古力又一次击败如日中天的朴廷桓。但是今天的比赛完全被朴廷桓控制了,网络讲解的周贺玺认为,序盘时古力黑43选择作战似乎不好,至62手白方优势。后来白114给了古力机会,黑117跳出后形成乱战,可以黑方再次失误而落败。   孟泰龄对阵申真谞。在朴廷桓应氏杯决赛失利后,很多棋迷认为他难以接班李昌镐、李世石,韩国围棋需要更年轻的申真谞来传承。此前孟泰龄国际赛场最佳战绩是2010年在第15届LG杯打入半决赛,虽然等级分从未进过中国前十名,但是他近期对韩国棋手时表现神勇,最近半个月来在围甲连胜金志锡和姜东润两位年轻的韩国世界冠军。不过今天的孟泰龄早早出现失误,右边大龙横死,让比赛早早失去了悬念。   另外两盘中国内战,周睿羊胜彭立垚,党毅飞爆冷淘汰了陈耀烨。   半决赛将于16日举行,由周睿羊对阵朴廷桓,党毅飞对阵申真谞。从中韩等级分排名以及交手记录来看,两位韩国棋手占据上风。不过周睿羊的首个世界冠军,正是在首届百灵杯八强战击败了唯一的韩国棋手朴廷桓,最终顺利夺冠。(杨诚)相关的主题文章: