サメの残念なことがあります:本の得点ランキングを離れたくないです。-pork face

サメの痛恨:本離れたくないレイカーズ得点ランキングない超チェンバレン無敵はどんなに寂しいオニールレイカーズ低位攻め大合集時期に立って演説の台の上に、「大鮫」オニール改ユーモラスな本領を使って、多くの所まで彼に感謝した方が無私の人々を助けて、親からのコーチ、までメンバーやNBAの管理者たち。彼らは、オニールに成長し名は体を表すの「大鮫」だと、かつて支配したNBAのは、NBAになる歴史上のトップセンターの一つ。オニール名人堂授賞式でスピーチがオニール取得の輝かしい成果を殘して殘念ながらも、いくつかの。この時期、オニールは心を開き、人々に訴えた彼の多い殘念。当控衛夢破れ「大鮫」この巨体の少年時代の夢は意外にも一人の控衛。オールスター戦で、何度も演技オニールよう控衛のように遊んでドリブル股、そして1つのジャークジャンプシュートで、多くの現場やテレビの前のファンへへ直楽。実はオニールだけ滑稽なギャグ観客も、過当控衛の習慣性。彼は背が伸びるの後で、決して許されを監督管理衛、更に遊びドリブル股、スクラムジャンプシュート。正式の試合中、オニールはただオールスターゲームを舞台にしたことがある控衛の習慣性。当控衛はオニールの夢も、高校まで、彼の背にメートルを超えた、ときにはコントロール衛の衝動はいつも友達と一緒に遊んで球技をして、彼が演じる控衛役が好き。今回のバスケットボールの名人堂に入って、オニール忘れない彼の高校監督とチームメイトたちを招待して、彼はこの旧友現場に来て、彼の栄光時目撃あり。を見て「大鮫」がそこに立ってユーモラススピーチの時、彼の友人たちの思いが1980年代に戻った。時計をよくかけている背の高い少年がいて、彼らと一緒に球技をして、未来の夢について話しています。千里は1987年に家族についてきて、サンアントニオに入ったロバート・アンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。その時には、テニスが好きだったのが好きだったので、猫はスキー帽をかぶっていて、大きな時計をかけていました。コール・高校では、高さの高さがセンターの位置になっています。しかしチーム当時の先発控衛ダレン·;马泰は「正直、彼の夢想は1名の控衛。」かつてオニールは敏捷性でプレイするが、背が高騰、体が急増した後、彼は体で打球学会。オニールチームメイト達なぎ倒すテキサス州チームを持って、1989年に州のチャンピオンを獲得した。しかし、オニールが控衛の思いは強く。他のチームメイトのロバーツ氏は、「彼は友達と一緒にボールをしていて、彼はいつもコントロールをしている。彼はその場でドリブルで様々な動きをしている。彼はまた騒音を出している。彼は騒音を出しているので,彼は3分のボールを落とすことができる。友達と一緒にプレーするのは、彼の楽しい時間です。」その後、ルイジアナ州が大きくなったということになったのですが、それによっては、海に出た。本とペンスで優勝した魔術は、千里の職業生涯の起点である。有名人堂での講演では「ペンス」に感謝していた。「ありがとう」は1992年に私を選んだことに感謝しており、『ペンス』に感謝し、肩を並べて戦ったことがあります。ありがとうございました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」なしに言う。千里はその年の決勝戦の第1場で、魔術はもともと大きなチャンスを獲得していたが、西安は4回連続のフリースローが入っていないが、ロケットのバックグラウンドになっていた。スミスは第4節の終了前の1.6秒の間に3分のボールを命中し、試合を延長戦をして、そしてロケットに逆転された。その戦いに負けた後、魔術の将兵がショックを受け、その後3度も負けて、0対4がロケットに襲われた。その時は最後に決勝戦の舞台に立った。20 %と"ペンス"のグループのグループは、NBAの2つの巨大な新星のグループは、このグループの将来性がないように見える。しかし、1996年には、千里は、その時のNBAで大きな衝撃を受けた。20 % 20 %に加盟した後に、浜崎と一緒に「OK王朝」を作り、3連覇を達成。そして、千里のパートナーである第1位のスーパー外線はそんな幸運もなく、重い荷物が才能あふれる“ペンス”に押しつぶされた。彼は後に重傷を負って、すぐに普通の選手になって、そして早く職業生涯を終えた。私はずっとこのことを思い出している。私はずっとこの事を考えていますが、すべては勝利を前提としています。だから、もし私がマジックを率いてロケットを破って、私のキャリア第一のチャンピオンを獲得すれば、すべてが違います。」なしに言う。あの時、彼は魔術を離れないかもしれない。しかし、千里が魔術に残るなら、「ペンス」が偉大なキャリアを達成することが期待される。「もし私がそばにいてくれるなら、彼のストレスはそんなに大きくない。彼の体はもっと健康で、彼のキャリアを延長するのに役立ちます。私たちは3つの総優勝を取ることができます。。」なしに言う。もちろん、これは仮定の中にしか存在しない。20は、私は私は、私が3連覇を獲得したことに感謝していた。そして、私を目指して、私をマイアミに押してくれた。」千里は、スピーチのときに、彼女に感謝していたのですが、それをからかったように伝えていました。もう一つの残念なことになった。彼はコービーの間の矛盾と確かに、しかしオニールはロサンゼルス過ぎるのがとても心地良くて、彼はこの都市が好きな娯楽の雰囲気というか、彼は非常にロサンゼルス。しかし、オニールとコービーの矛盾はますます大きくなって、レイカーズの管理をしなければならない。「実は当時から離れたくないレイカーズが、NBAのベテランの一人として、私は意識してチームはコービーより重要視し、そしてその一年コービーといくつかの矛盾、そのような場合にはレイカーズを持つ2位のリーダーにくいように、私が見た映画は、若い運転手は代わりに老いのボス。」なしに言う。いくつかの月の前に、千里はかつて別の1人の解説者になったことを説明した。スミスは、もし彼が兄弟を離れていない話について話をしたことがあって、それでは20 %は何枚の総優勝指輪を獲得することができます。「全部で5枚。」120 %の表示。「大サメ」が盛んになった後は、思春期から4枚目の指輪を獲得しましたが、最後の指輪の数は5枚に達しています。千里とイタリアは前数年前に恨みを解消しました。今回オニール本格的にバスケットボールの名人堂、コービー遊びましたお歩哨のお祝い。一度聞いオニール記者、コービーはお祝いに進名人堂、オニールは「、今までにない。」しかし当日、コービーを行いましたし、ソーシャルメディアには「私のお兄さんがお祝い沙グラム、歴史上最も統制力の大男に入選バスケットボールの名人堂!絶対といわれる!」まだ1枚干すコービー当時彼とオニール優勝後手オブライエントロフィーの写真もたっぷり与えたオニールメンツ。手伝って優勝できなかった騎士オニールは元々多くのチャンピオンリング機会を獲得、彼は何度も触れない2009 – 10シーズンを助けることができる騎士優勝は巨大な殘念。今回は有名人堂の前に入ってインタビューを受けた。「私が騎士に力を尽くした時、私たちは東部の第1位、グレンアルバムにランク・インしました。試合中に私の手を怪我して、そのシーズンで5週間休みました。私は試合の試合の第1回の復帰で、しかし私達は第2ラウンドでケルト人に負けました。私はとても嬉しくて、もし私が健康を保つことができるならば、その時私達はもしかすると総優勝することができるかもしれない。」なしに言う。今年のシーズンの通常試合は2月に入って、20 %の状態が向上しました。2010年2月に22日と24日に直面し、オニール魔術とスズメバチ(後に改名ペリカン)の試合でもにじゅう分。しかし、2月26日にやケルトの試合、オニールの手が負傷し、殘りのすべての常規は欠席した。まさにオニールが言ったように、プレーオフの復帰後、オニールの状態に遠く及ばない常規。最初は騎士よんしよいちより破った雄牛が、第2ラウンドされよんしよによりセルティックスを。「私が好きなら、当時私がいて、私たちは優勝でき。」オニールはこれまで一度のインタビューは非常に断固として。千里の心の中で心の心を介するのはもしかすると、その年の騎士は包囲を突破することができなかったため、緑の軍が総決勝の後に決勝戦をした後にサッカーの指輪に負けたことができて、イタリアの指輪の数は彼を上回った。得点ランキングを超えていないのは、騎士団に従うことに失敗した後にはケルト人に加盟し、5枚目の総優勝指輪に衝撃を受け続けていた。「私が思っていたのは、健康を保つことで、10分ぐらいかかりました。それでは、スコアを超えたことができます」と言った。「大サメ」はケルトでは悪くない。「当時のチームはケビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」なしに言う。しかし、けがのため2011年に引退した。今回の20人が有名人堂に選ばれた講演では、ケルト人の三人大手に感謝していた。そして、自信を持って自分の周りを更新しました。自分と20 %がケルトでの写真をアップロードして、2016年バスケットボールの有名人堂に選ばれました。「私の背の大きい兄弟の砂に向かって叫んで、彼と他の有名人堂に選ばれた人をお祝いします。これは1種の楽しみと誇りで、有名人の堂は最もクールなことの一つで、あなたの兄弟を愛します。」こう書いている。ケルト人は20 %のゴール駅で、彼のキャリアの総得点は最終的にはソース点にとどまっていて、NBAの歴史の総得点は第9位にランクされています。オニールについて得点ランキングは一層やはり感じるのがとても殘念です。「私の唯一の殘念な思いは傷病。当時、皆も場を25分の時、私は欠席した200近く試合。つまり、私の生涯の総得点は5 , 000点も少なくなりました。これは私を悲しくさせます。」なしに言う。もしこの5000点を加えたとしても、彼のキャリアは総得点があって、歴史の四番目に並んでいて、彼の前にあるのは、彼の前にあって、彼より47点だった。もしかすると、千里の心の中で最大の残念なことは、総チャンピオンの数と総得点が1つになっています。以上の内容は、スポーツ界の週刊誌では、この文がより多くの情報を伝える目的として、その観点に賛同したり、説明したりすることを意味するものではない。

鲨鱼憾事:本不想离开湖人 得分榜没超张伯伦 无敌是多么寂寞 奥尼尔湖人时期低位进攻大合集 站在演讲台上,“大鲨鱼”奥尼尔不改幽默风趣的本色,多处使用调侃的方式感谢了从小到大给他无私帮助的人们,从父母到教练、队友以及NBA的管理者们。因为他们,让奥尼尔成长为了名副其实的“大鲨鱼”,曾经统治了NBA,成为NBA历史上的顶级中锋之一。奥尼尔名人堂颁奖典礼演讲 但奥尼尔在取得辉煌成就的同时,也留下一些遗憾。这段时间,奥尼尔敞开了心扉,向人们诉说了他的诸多遗憾。当控卫梦想破灭“大鲨鱼”这个庞然大物少年时代的梦想竟然是当一名控卫。在全明星赛上,奥尼尔曾经多次表演像控卫一样玩胯下运球,然后来一个急停跳投,博得现场以及电视机前的球迷呵呵直乐。 其实奥尼尔不仅是在耍宝逗乐观众,还是在过当控卫的瘾。因为在他个子长高之后,就从来不被教练允许打控卫,更不可能玩胯下运球、急停跳投。正式的比赛中,奥尼尔也就只能在全明星赛的舞台上过过控卫的瘾。 当控卫是奥尼尔的一个梦想,即使到了高中,他的个子超过了2米,仍然有着当控卫的冲动,平时与朋友们一起打球玩耍,他喜欢扮演控卫角色。 这次进入篮球名人堂,奥尼尔没有忘记他的高中教练和队友们,他邀请了这帮老友来到现场,见证他登堂入室的荣耀时刻。而看到“大鲨鱼”站在那里幽默风趣演讲的时候,他的老友们的思绪回到了1980年代。 有一个身上经常挂着时钟的身材高大的少年,和他们一起打球,谈论着未来梦想。奥尼尔在1987年跟随家人来到得州,进入圣安东尼奥 的罗伯特·科尔高中。那时候,奥尼尔因为很喜欢说唱歌手弗拉沃·弗拉夫,所以学着弗拉夫戴着滑雪帽,挂着一个巨大的时钟。 在科尔高中,身材最高的奥尼尔被安排打中锋位置。但是球队当时的首发控卫达伦·马泰表示:“说实话,他的梦想是成为一名控卫。”曾经奥尼尔是靠敏捷性打球的,但是在个子疯长,块头剧增之后,他开始学会用身体打球。奥尼尔带着队友们横扫得州球队,在1989年获得了州冠军。 但是,奥尼尔当控卫的念想是如此强烈。另外一位队友罗伯茨表示:“当他和朋友们一起打球,他总会当一名控卫,他会在场上运球做各种动作,他还会发出噪音,咻咻咻,感觉他很快的样子,其实不是。他就是在发出一些噪音,他会投干拔三分球。和朋友们一起打球,是他的快乐时光。”后来,奥尼尔去了路易斯安那州大,继而威震NBA,但是他当控卫的梦想没有实现。本可和便士夺冠魔术是奥尼尔职业生涯的起点,在名人堂演讲中,奥尼尔感谢了“便士”哈达威,调侃了尼克·安德森。 “感谢奥兰多魔术在1992年选择了我,感谢‘便士’哈达威,我们曾并肩作战。感谢尼克·安德森在1995年总决赛最后时刻连续投丢4个罚球,我开玩笑的,尼克。”奥尼尔说。奥尼尔说的是当年总决赛第一场,魔术原本有很大的机会获得胜利,但是安德森竟然连续4次罚球不进,而被火箭后卫肯尼·史密斯在第四节结束前1.6秒时命中三分球,将比赛拖进加时赛,继而被火箭逆转。那一战失利后,魔术将士大受打击,随后又连输3场,0比4被火箭横扫出局。 那时奥尼尔第一次站在总决赛舞台上,但是铩羽而归。奥尼尔与“便士”哈达威的组合是当时NBA的两大超级新星,这对组合看起来前途无量。不过,在1996年,奥尼尔选择了转投湖人,在当时的NBA制造了巨大的震撼。奥尼尔加盟湖人后,和科比一起打造了湖人“OK王朝”,完成三连冠壮举。而奥尼尔搭档的第一位超级外线哈达威则没有那样的好运,沉重的担子压垮了才华横溢的“便士”,他后来遭受重伤,很快变成了普通球员,并且早早结束职业生涯。 “我一直在回想这一切。我一直都在想着这个事情,不过一切都是以赢球为前提的。所以,如果我可以带领魔术击败火箭,夺得我职业生涯第一个冠军的话,那么一切肯定会有所不同的。”奥尼尔说。也许那时候他就不会离开魔术。而如果奥尼尔继续留在魔术,那么“便士”有望成就伟大的职业生涯。“如果我留在哈达威身边,他的压力不会那么大,他的身体会更健康,有助于延长他的职业生涯,我们会很容易拿到两三个总冠军。”奥尼尔说。当然,这只能存在于假设之中。奥尼尔本不想离开湖人他本不想离开湖人“我感谢科比,他推动我拿到三连冠,然后推动我离开湖人,把我推到了迈阿密。”奥尼尔在演讲时感谢了科比,但也在用调侃的方式表达了是科比促使了他离开湖人。 离开湖人,是奥尼尔的又一个遗憾。虽然他与科比之间确实有矛盾,但是奥尼尔在洛杉矶过得很舒服,他喜欢这个城市的娱乐氛围,或者说他非常适合洛杉矶。但是,奥尼尔和科比的矛盾越来越大,湖人管理层必须做出抉择。 “其实当年我不想离开湖人,但是作为一名NBA的老将,我意识到球队对科比更加看重,并且那一年我和科比有一些矛盾,在那样的情况下湖人难以拥有两位领袖,就像我看过的电影,年轻的大佬终究会取代年老的大佬。”奥尼尔说。就在几个月前,奥尼尔曾经和另外一位解说员肯尼·史密斯聊过关于如果他没有离开湖人的话题,那么奥尼尔可以夺得几枚总冠军戒指。“一共5枚。”奥尼尔表示。“大鲨鱼”去了热火之后,虽然比科比更早获得第4枚冠军戒指,但是科比最后的戒指数量达到5枚,还是压倒了奥尼尔。 奥尼尔和科比早在前几年就化解了恩怨。这次奥尼尔正式进入篮球名人堂,科比玩了一个压哨祝贺。一度有记者询问奥尼尔,科比有没有祝贺他进名人堂,奥尼尔说:“没有,从来没有。” 但是当天,科比就进行了回应,在社交媒体上写道:“祝贺我的大哥沙克,历史上最有统治力的大个子入选篮球名人堂!绝对实至名归!”科比还晒出了一张当年他和奥尼尔夺冠后手捧奥布莱恩奖杯的照片,也算是给足了奥尼尔面子。未能帮骑士夺冠奥尼尔原本有机会夺得更多的总冠军戒指,他多次提到2009-10赛季没能帮助骑士夺冠是一个巨大的遗憾。这次进入名人堂前接受采访,奥尼尔又提了一遍。 “当我在骑士效力的时候,我们排名东部第一,格伦·戴维斯在比赛中弄伤了我的手,让我在那个赛季休息了五周。我在季后赛首轮回归,不过我们在第二轮输给了凯尔特人。我很不高兴,如果我能保持健康,那么那时候我们或许能够赢得总冠军。”奥尼尔说。 2009-10赛季常规赛进入2月份,奥尼尔的状态有了提升。2010年2月22日和24日,奥尼尔在面对魔术和黄蜂(后改名鹈鹕)的比赛中都得到了20分。但是在2月26日和凯尔特人的比赛,奥尼尔的手部受伤,缺席了剩下所有的常规赛。正如奥尼尔说的那样,在季后赛复出后,奥尼尔的状态远不如常规赛。虽然骑士首轮4比1击败了公牛,但是在第二轮被凯尔特人4比2击败。 “我不喜欢假设,但如果当时我没有受伤,那么我认为我们能夺冠。”奥尼尔在此前一次接受采访时非常坚决地表示。奥尼尔心中介怀的或许还有,因为当年骑士没能突围,而绿军杀进总决赛后输给湖人,使得科比的戒指数量超过了他。得分榜没超张伯伦在跟随骑士争冠失败后,奥尼尔加盟了凯尔特人,除了继续冲击第五枚总冠军戒指,奥尼尔还有一个念想就是在总得分榜上超越NBA历史上的另外一位超级中锋张伯伦。“我当时想的就是保持健康,每场得10分左右,这样我就可以在得分榜上超越张伯伦,”奥尼尔表示。 “大鲨鱼”在凯尔特人过得还不错。“当时球队拥有凯文·加内特、雷·阿伦、保罗·皮尔斯,我的任务就是冲抢篮板以及封盖,隆多组织进攻,我真的很喜欢当时那个团队。”奥尼尔说。但是因为伤病,他在2011年选择退役。 在这次奥尼尔入选名人堂的演讲中,他感谢了凯尔特人的老三巨头。而加内特更新了自己的Instagram,上传了一张自己和奥尼尔在凯尔特队效力时的合影,祝贺奥尼尔入选2016年篮球名人堂。“对着我的大个子兄弟沙克叫喊,祝贺他及其他入选名人堂的人,这是一种乐趣和荣耀,入选名人堂是最酷的事情之一,爱你兄弟。”加内特这样写道。 凯尔特人是奥尼尔的终点站,他职业生涯的总得分最终停留在28596分,排名NBA历史总得分榜第九。奥尼尔对于自己在得分榜没有更上一层楼还是感觉很遗憾的。“我唯一的遗憾就是伤病。当年,在还能场均得到25分的时候,我缺席了将近200场比赛。也就是说,我的生涯总得分因此少了5000分。这让我很难过。”奥尼尔说。假设真加上这5000分,那么他的职业生涯总得分可以来到33596分,排到历史第四,在他前面的正是科比,比他多47分。或许,奥尼尔心中最大的遗憾是总冠军数量和总得分都被科比压了一头。 以上内容来自:体坛周报 免责声明:腾讯体育登载此文出于传递更多信息之目的,并不意味着赞同其观点或证实其描述相关的主题文章: