小便の中の癌の信号の癌の尿の熟しています-www.bv2008.cn

小便の中の癌の信号を使ってがんばりをしています。非常に知られていないが、これは大きな災難である恐れがあることになるかもしれません。医学の専門家の注意を受けて、無痛性証明書は細胞腫瘍の危険信号であることを注意して、早く超音波スキャン、膀胱鏡などの原因を明らかにするべきです。悪性の膀胱がんが遅れてしまうと、膀胱が守られていないだけでなく、命も守られかねます。発症の引き金:化学品に触れる+喫煙膀胱がんはどんな年齢になるが、40歳後に発症率が上昇し、都市は農村、男性は女性の2~4倍。解放軍の科学的な病院の老外科主任は、膀胱腫瘍の最も主要な原因は化学品と喫煙者に接触していることを示している。研究によると、長期にわたってディーゼル機の排気ガスを接触して膀胱がんを誘発することができ、芳香源の化学原料に接触するのは膀胱がんと密接に関係しており、農薬工場、製薬工場、布工場の従事者は膀胱がんの危険な人である。大量の喫煙者の尿の中には癌の濃度が高くなり、膀胱がんにかかる危険が2~4倍に増加し、喫煙者の尿が膀胱に刺激を与えている。高い人の人々に対して、葉は毎年1回に1回の検査のシステムの超音波検査と尿の通常の検査をすることを提案して、膀胱の腫れ物がないことと肉眼では見えない証明があることを見抜くことができます。もし発見の超音波スキャン腫瘍、はさらに膀胱鏡を確認し、その間はピンセット部分腫瘍組織病理検査をしてその悪性度。CT検査を理解することができない壁腫瘍膀胱の深さなど、指導の下で一歩治療。注意:「無痛性血尿」も怖いの21歳の大学生陳さんは体の健康が、先月八日連続小便見た目も赤いのに他の調子が悪い。彼は病院に行って診察を受けに行って、超音波検査をして検査して膀胱内に1つの腫瘍を発見して、手術をして切除した後に“暖かい乳首の状の腫瘍”であることを実証して、幸いなことは良いです。これによると、膀胱腫瘍の大半は悪性の膀胱がんであり、良い腫瘍は非常に珍しいが、良好であろうと、悪性であろうと、肉眼で見えてくる自覚がある。患者しやすいので痛みがないなどの不快で油断して、結果が遅れた膀胱がん診療。彼は、実は「無痛性痛」はもっと怖いです。これは膀胱がんの一般的な症状なので、腫瘍の病巣の血管が破裂して出血したので、合併感染によっては非常に緊急なことを伴うことができます。国内調査によると、肉眼的な証明者が膀胱がんにかかる確率は13~50 %。血尿はどうですか?「昼間は長い時間が短くて、尿が真っ赤に見えます。夜は長い間は長い間、尿が暗くなります。時には、尿の中には血の血があります」という。もし尿中の血は細長い形をした、まだ可能性は尿管腫瘍や腎腫瘍。膀胱がんの血尿はよく断続的に時々、自ら軽減や停止、一部の患者さんに一度血尿をいち~さんは月にもう一度小便の血を持って。陈焱は「多くの患者はのぼせて、炎症などの漢方薬を飲んで、発見後に小便血を持ってないと思って、漢方薬が効いて診察はない、病気にを遅らせた。」治療:膀胱がんの再発率は50~70 %に達し、早期の膀胱がんが膀胱を保持することができ、患者の生存率は非常に高いです。ソースの紹介では、ほとんどの早期の患者は、「尿道膀胱腫瘍電気切り術」をするだけでよい。このような低手術手術は腫瘍や一部の膀胱壁を切ってはならないが、1週間後に正常な機能を回復することができる。ある学者は提唱膀胱壁修復後にもう一度電気切りしないように、「殘腫瘍」。膀胱がんが末期に発展した場合、膀胱がんが筋肉層になり、患者は腹部の痛みを感じることができ、お腹が腫れていることがわかります。この時には、すでに低酸素治療のタイミングを逃して、膀胱をすべて切除することができます。陈焱によると、この手術は複雑で、時間が長く、かかり、傷が大きく、合併症が多く、しかも治療効果はよくなくて、術の後で生活の質も大影響。膀胱がんには50~70 %の再発率があり、患者の腫瘍が長くなるほど悪性になり、移行することもあります。これによると、患者は数十回も再発したことがあり、ほとんど3ヶ月は再発して、最後はやはり膀胱を切ってしまいました。そのため、手術後の2年前に少なくとも3ヶ月に一回の膀胱鏡を再検査し、その後ゆっくり再検査の時間を延長します。また、定期的に化学療法を注入する方法は、化学療法薬を膀胱にかけて、化学療法の周期は1~1.5年にわたって続いています。

小便里的癌症信号|癌症|尿液_新浪健康_新浪网 癌症信号" data-link="">小便里的癌症信号   无痛的血尿常是肿瘤信号,国内调查发现有肉眼血尿者患膀胱癌的几率为13%~34.5%   医学指导 解放军458医院泌尿外科主任陈焱   文 记者伍君仪 通讯员吴燕玲   没有任何身体不适,仅仅在屙尿时发现尿液带血色,很多人便以为是最近食“热气嘢”多“上火”了,吃点中药后血尿就会好转。殊不知,这也许是大难临头的凶兆——泌尿科医学专家提醒,无痛性血尿是泌尿系统肿瘤的危险信号,应尽早做B超、膀胱镜等查清病因。一旦耽误了恶性的膀胱癌,不但膀胱保不住,命也可能保不住。   发病诱因:接触化学品+抽烟   膀胱癌可发生于任何年龄,但在40岁后发病率逐渐升高,城市高于农村,男性是女性的2~4倍。解放军458医院泌尿外科主任陈焱表示,膀胱肿瘤的最主要诱因是接触化学品和抽烟。研究发现,长期接触柴油机尾气可诱发膀胱癌,接触芳香胺类化工原料跟膀胱癌密切相关,在农药厂、制药厂、染布厂工作者是膀胱癌的高危人群。大量吸烟的人尿液中致癌物质的浓度较高,可使患膀胱癌的危险增加2~4倍,烟民的尿液对膀胱造成刺激,憋尿时间越长越危险。   对于高危人群,陈焱建议每年做一次泌尿系统B超和尿常规检查,能看出有无膀胱肿块和肉眼看不到的血尿。若B超发现有肿瘤,应进一步做膀胱镜确诊,其间可钳取部分肿瘤组织做病理检查其恶性程度。CT检查可了解肿瘤侵犯膀胱壁的深度等,可指导下一步治疗。   提醒:“无痛性血尿”更可怕   21岁的大学生小陈向来身体健康,但上个月连续八九天小便看起来有点红,却没其他不适。他到医院就诊,做B超检查发现膀胱内长了一个肿瘤,做手术切除后证实是“内翻性乳头状瘤”,所幸是良性的。   陈焱称,膀胱肿瘤绝大多数为恶性的膀胱癌,良性的肿瘤非常罕见,但不管是良性还是恶性都可表现为无痛性、肉眼可见的血尿。患者容易因为没有疼痛等不适而掉以轻心,结果耽误了膀胱癌的诊疗。他提醒说,其实“无痛性血尿”更可怕,因为这是膀胱癌的常见症状,是肿瘤病灶血管破裂出血引发的,若合并感染也可以伴有尿频、尿急、尿痛。国内调查发现,有肉眼血尿者患膀胱癌的几率为13%~34.5%。   血尿怎么看?陈焱称,只要用肉眼观察小便就能见到:白天憋尿时间短,尿液看起来鲜红;晚上憋尿时间长,尿液就显得暗红;有时尿液中还可以有血块。若尿液中的血是长条形的,还可能是输尿管肿瘤或肾肿瘤。膀胱癌的血尿往往是间歇性,有时能自行减轻或停止,有些患者一次血尿后过1~3个月才再一次小便带血。陈焱说:“很多患者以为是上火、发炎等,自行吃中药后发现小便不再带血,以为是中药起效就不来看病了,就把疾病给拖延了。”   治疗:膀胱癌复发率达50%~70%   在治疗上,早期膀胱癌可以保留膀胱,患者生存率非常高。陈焱介绍说,大部分早期患者只需做“经尿道膀胱肿瘤电切术”便可,这种微创手术把肿瘤和一部分膀胱壁切掉但不切穿,一周之后就能恢复正常功能。有的学者提倡在膀胱壁修复后再一次做电切,免得肿瘤有“漏网之鱼”。   如果膀胱癌发展到晚期,膀胱癌浸润至肌层,患者可感觉到下腹部疼痛,肚子可摸到肿块。这时已经错过微创治疗的时机,只能将膀胱全部切除。陈焱称,这种手术复杂,时间长、花费大、创伤大、并发症多,而且治疗效果不佳,术后生活质量也大受影响。   膀胱癌有50%~70%的复发率,有些患者的肿瘤越长越恶性,甚至发生转移。陈焱称,有的患者复发过十几次,几乎三个月复发一次,最后还是把膀胱切掉了。因此,手术后的前两年至少每三个月复查一次膀胱镜,此后慢慢延长复查时间。此外,还要定期进行灌注化疗,方法是将化疗药打到膀胱中,化疗周期要持续长达1~1.5年。相关的主题文章: