ランニング後はすねが痛いですか?専門家:疲労感があります。-lm3886

ランニング後はすねが痛いですか?専門家:精神的な疲労性を警戒するために多くの選手が運動した後にすねの痛みの走るのが最も簡単な運動であることを警戒することが必要で、しかし一部の人が走った後に、すねが前と内側に痛みがあって、またますます激しくなる勢いがあって、深刻な時さえ正常に歩くことさえできて、これはなぜですか?「この症状は、ランニング・けがの一種であり、疲労性の高いものと言われています。人の知られていることも注目されていますが、よく見られる疲労性運動の損傷です。初参加の訓練の選手はほぼ100%も脛骨痛みの病歴。」ハナム省の洛陽の発電所(ハナム省の骨の骨の病院)鄭州院区の運動の医学の葉の科の副主任は言って、この病気の病気の原因は今でも論争があって、多くの学者はそれが葉を引いて引いたべきであるべき力の反応を思っていると思っています。主な症状は走る前の内側の内側の痛みになっています。核磁気検査可視脛骨後の内側の骨膜水腫、深刻な可視骨髄内の水腫。長距離旭は言って、疫学発見、中のマラソン者、青少年の走る者、ランニングの歩幅は大きい走った者、訓練キャンプの中の新兵はすべて骨の疲労性を患っていることを患って、この何種類の走る者は1つの共通の特徴があります:技術が合理的でありません。「骨膜神経が豊富で、明らかに血を痛感し、筋肉はより豊かで脛疲労性骨膜炎と一般の筋肉や腱、靭帯が炎症によっては、回復のスピードも比較的ゆっくり。」この種類の運動を処理する時に刺激性の強い治療方法をとることができなくて、例えばマッサージ。また、抗炎症剤を使用して、炎症を抑えることにより、ランニングを停止し、物理療法を加えなければならない。同時に下肢の力を強化して練習して、下肢の柔軟性を鍛えます。また、ランニング技術から足の痛みを招く不良病を評価することに注意しましょう。(大河紙記者林辉通信員张艳涛)

跑步后小腿疼?专家:需警惕胫骨疲劳性骨膜炎 很多跑友运动后小腿疼痛   跑步是最简单的运动,但有些人跑步后,小腿胫骨前面和内侧有疼痛感,且有愈演愈烈之势,严重之时甚至连正常走路也会疼痛,这是为什么呢?   “这种症状属于跑步伤病的一种,被称为胫骨疲劳性骨膜炎,虽然鲜少为人所知抑或被关注,却是一种较为常见的疲劳性运动损伤。初次参加训练的运动员几乎100%都有胫骨痛的病史。”河南省洛阳正骨医院(河南省骨科医院)郑州院区运动医学关节镜科副主任高万旭说,该病病因至今仍有争论,多数学者认为其为骨膜受牵拉的应力反应。主要症状为跑步后胫骨的前内侧部疼痛,有的有压痛及凹陷性水肿。核磁检查可见胫骨后内侧的骨膜水肿,严重的可见骨髓内水肿。   高万旭说,流行病学发现,中长跑者、青少年跑者、跑步步幅过大的跑者、训练营中的新兵都易患胫骨疲劳性骨膜炎,这几类跑者有一个共同特点:技术不合理和胫骨负荷过大。   “骨膜神经丰富,痛感明显,供血又不如肌肉丰富,因此胫骨疲劳性骨膜炎与一般的肌肉、肌腱、韧带炎症不同,恢复速度也相对较慢。”   高万旭说,在处理这类运动损伤时不能采取刺激性强的治疗方法,例如按摩。而应通过外敷内服消炎药及时控制住炎症,减少甚至停止跑步,并加以理疗。同时应该加强下肢的力量练习,锻炼下肢的柔韧性。另外,要注意从跑步技术上评估是否有导致下肢疼痛的不良病症。   (大河报 记者 林辉 通讯员 张艳涛)相关的主题文章: