大便は肝がよくない大便肝臓_新浪健康_新浪網-姉summer

大便はいつも正常ではなくて、便秘が大便をしているのではありませんので、問題を発見したことがありません。しかし、多くの薬を食べてもよくないし、その通を知らないのです。もしこのような状況が長く存在すると、腸の問題を排除し、必要な時に肝臓や胆嚢を調べ、ある下痢は「肝源性下痢」であるため、肝臓の機能に関係があるため、多くの慢性病の人が下痢をしているのは一般的な症状であるが、以前は自分が肝臓の病気であることを知らなかった。ただ、肝炎ウイルスのキャリアにすぎない。症状がないので、いつも慢性肝炎になってしまった。ほとんどの科医は、自分の知っている病気を「音声のない殺し屋」と呼んでいて、高血圧、肝炎、コーラを含んでいる。これらの病気は徐々に変化していく過程において、あまりにも明らかではない:高血圧の時、人はすでに適応したかもしれないし、薬を飲まないのも異常ではないが、このような無感の中で、心脳腎臓などの的な器官は常に損傷を受けている。他の目の代償によって、患者は物を見ることに障害がない。最後に失明した時には、いつ発生していたのかわからないが、治療の好機は過ぎてしまった。肝炎にも同様に、最も典型的な肝臓の症状は疲れているが、多くの人はこれを年を取っているか、仕事があまりにも疲れている。疲労という症状は実に特異性がないため、病状も疲労した後の正常な生理感覚であることができる。そのため、1種の病気が長期的な存在であれば、従来の原因では解釈できないが、例えば、大便が異常であるが、腸には問題がないのだが、他の方面から考えてみると、胆嚢を含んでいることが多い。多くの炎を含んでいる患者は便秘と下痢の交替の症状があって、胆汁と脂肪の消化能力が低下しているので、単なる通ではない問題ではなく、心の中の状況に注目しなければならない。

大便这样是肝不好|大便|肝脏_新浪健康_新浪网 大便这样是肝不好   有读者问,大便总是不正常,不是便秘就是大便失禁,做过肠镜检验没发现问题,但是吃了很多药也不见好,而且也不知道是该通便还是该止泻。   如果这种情况长期存在,又排除了肠道的问题,必要时要查查肝脏和胆囊,因为有的腹泻是“肝源性腹泻”,和肝脏的功能有关系,很多慢性肝病的人腹泻是常见症状,但之前并不知道自己是肝病,只不过是肝炎病毒的携带者,因为没有症状,什么时候转变成 了慢性肝炎,自己也说不清,后来是因为检查腹泻的原因发现有肝病问题的,甚至有的已经是晚期,肝功能都快失去代偿了。   几乎每个科的医生,都会把自己熟悉的疾病称为“无声的杀手”,包括高血压、肝炎、青光眼, 这些病在慢慢转变甚至加重的过程中,是没有什么明显感觉的:高血压的时候,人可能已经适应了,不吃药也没觉得异常,但就在这种无感中,心脑肾等靶器官时时 刻刻都在受到损伤。青光眼也一样,可以引起失明,但发生在单侧时,通过另一只眼睛的代偿,病人看东西没什么障碍,最后发现失明的时候,都说不清什么时候发 生的,但往往已经过了治疗良机。肝炎也同样,最典型的肝脏症状是疲劳,但很多人把这归结为上了年岁,或工作太累,因为疲劳这个症状实在没有特异性,可以是 病状也可以是劳累之后的正常生理感受,以至于贻误治疗。   因此,只要一种病症长期存在,而且用常规的原因解释不了,比如大便异常,但肠道却没问题, 就要从其他方面想一想,包括胆囊,很多胆囊炎、胆结石的病人都有便秘与腹泻交替的症状,和胆汁对脂肪的消化能力下降有关,所以不是单纯的通便止泻的问题, 而是要关注肝胆的状况。相关的主题文章: