国足訓練場「シームレス」秘密に盗撮された後、訓練を速やかに救済する。-isobuster

国の足訓練場「シームレス」に秘密を隠して盗撮された後、新ネットが休みの一日後に、中国チームは昨日昆明の株式基地合宿現場に戻った。中国サッカー協会の新聞は前から2つの生放送プラットフォーム機関に違反した「盗撮」国の足立試合に対して非難されたが、このことをめぐって議論が続いている。盗撮した訓练され今日の一針明日の十針国足親善試合が偷拍、だがチーム昆明で日常の訓練の「秘密を守る措置」は比較的に所定の位置について、「こっそり」はほとんど不可能な任務。それでもはち日中国代表とし卓尔親善試合の間、2つのプラットフォームが生放送機関偷拍生放送で試合を画面のことだけど、中国サッカー協会中国代表に日頃の訓練の秘密を守る措置が整って。北京青年報記者は、国内の足合宿を受ける基地の元15日、16号場周辺の針金網はすでに遮光性の強いリュックに囲まれていて、鉄条網の入り口などの位置の縫い目にも特別な小包を加えられていた。11月3日の合宿が本格的に始まってから、全国の合宿は15分前だけでメディアに開放されていたが、チームはこの時間では主な練習や主監督の発言を受けて、技術の内容については?メディア記者はおそらく「推測する」だけではないだろうか」。国内のサッカーについて報道されている記者はすべて知っていて、昆明の株式の基地の15日、16日の場所の背後は球技の総合館で、中国の女子女子と中国語の中国の国の安全保障などのチームはすべてかつてここで長い間に宿泊していたことがあって、それではファンや記者が総合館に登って“のぞく”の訓練の練習に行くことができますか?答えも否定的です。これはこのビルの入り口に安全保障者が厳守されているため、中国チーム2人の技術スタッフが毎回練習する前に総合館の屋上で訓練画面を撮ります。国の足の予防の予防には、現場取材に至るまでのメディア記者は、実はルールを守っていて、取材時間が終わってからは、皆さんが運転をしていることを自覚しています。みんながはっきりしているので、自分のチームも心をこめて大切にする必要があります。メディアの撮影画面の撮影を拒否することを拒否したという心理的な準備をしていたが、メディアの試合の映像を拒否することを拒否することを拒否したが、「盗撮」のような行為は避けられない。「シルバーシルバー」は前から予想されていた。彼は試合後もチームのスタッフを非難していなかったが、このような出来事を経験した後、国家チームが準備している側の面をめぐる慎重さが明らかになった。今週月曜日、つまり国足と武漢卓尔親善試合前の日の午後、海埂訓練基地外、中国チームの一人の管理者は現場に殘す有数のいくつかのメディアと一緒に、懇請みんな親善試合で試合の映像が撮影期間。このような考えによると、このような考えは主監督の言葉であって、結局大戦前は軍事軍のタブーを漏らしたのだ。考えがない矛盾問題がリッピと彼のチームを前に、それは彼のチームのために早く感じ昆明ホームの雰囲気、スペシャルファン300名ぐらい現場ようにもかかわらず、中国サッカー協会公式のルートを通じて中国代表合宿のメディアの取材により証明書発行試合取材記者を含むにもかかわらず、CCTVを含むいくつ主なテレビとビデオの類のマスコミの記者も快諾ルールを厳守し、撮影画面は試合が、全メディア、自メディアコミュニケーション科学技術は急速に発展する今日、1名の観客を持つカメラ付き携帯電話だけで、簡単な操作で試合を経て完瞭画面の撮影。この点についても、中国サッカー協会はリッピ本人も分かっている、リッピ協会スタッフに維持ニュースの取材規律が直面しているように理解を示す。補佐トップ監督助教増加重圧は2000万ユーロの世界級破格ください世界級名帅リッピ、中国サッカー協会は改善中国チームが最悪の境遇と戦う」で教鞭をとって、その権威リッピ教鞭を証明も同じ経験は世界レベルなので、メディアが早く気づいて、新しい中国代表管理チームでは、2つの李铁康冰リッピ昔の有能な中国側の助手。今週のチームは最新の記念写真を撮影した時に、スーツが自慢していないサッカー協会の指導者の姿は、これらの詳細からは、教師が指導することによる高度な集権を判断することは困難である。一位と報道陣を長年チーム同行を評価し、「リッピで、引率仕事面やチームの他、管理、サービス員の仕事の多くは配合リッピを厳格に執行し、監督の意図という仕事の圧力がとても大きいので、同じ」チームチーム保障面仕事も思わずもっと慎重に。「外敵」に注意するために、中国サッカー協会は、集中試合当日の午後から場を回ってカーペット式の検査を開始し、2つの違反生放送のプラットフォームで試合を放送した後の最初の時間に、多くのサッカー協会のスタッフが元を追っていた。そして、「つかむ」は2つの関係機関の撮影者として、試合後2日目には彼らの行為について公式に非難した。メディアのインタビューの仕事の増加の難易度昨日の午後、中国の通常の訓練は通常のメディアに対して15分だけオープンして、具体的な取材の対象について?手配していない。実はこのような状況からさん日国足新一期合宿起動はすでに現れて、リッピから合宿引率の仕事厳格な態度はずっと記者が取材を避けるために、同じ訓練によって妨害を受けて、彼を隔てて何日に一度の手配を受け入れて少し隊員群訪問頻度。2つの生放送プラットフォーム機構を盗撮することによって、メディアの信頼性についての話題は投げられた。この2つの機構はメディアの大多数を代表するわけではないが、事件は客観的に報道違反を構成している。中国サッカー協会や国連の監督グループが、これによりメディア取材チームの活動をさらに制限するということではないだろうか。匿名の中国サッカー協会の人は北靑王紙記者によると、「両機関の盗撮行為は売国奴?私たちは行きにくい定義が、こんなぎりぎりの行為を破壊した実際に彼ら自身の信用度、他のメディアにルールを守る不利な影響をもたらす」。最近2日、地元のメディアを取材したメディアは、微信群の中で話題になっていて、個別機関の利己的な盗撮行為に対して非難されています。ただ、現在の国の取材による「素材」の乏しい現状は、皆も悲鳴を上げています。「盗撮」については「盗撮」についても、世論が異なる声になり、そのような行為を非難する人もいると同時に、情報伝播手段が発達し、情報発信ルートが進んでいる今日は、いかなる力を守るための力が非常に限られている。事実上、国際的なこだわりを見ていると、異なるチームがこのような手段を通じて競争相手の情報を取得することが珍しく、中国サッカー協会も専門的な人材を採用していた。マスコミの取材規律を守っても、現場に座っている一人一人の観客が、メディアとして活躍する可能性がある。もし1本のチームの技術力が優れているならば、また何も気にしすぎていわゆる「秘密秘密」ですか?昨日の朝、李さんは病院へ行って目の目を見ていましたが、午後は会場に現れた彼は相変わらず元気で、仕事をしていてもしっかりしています。「シルバーシルバー」のリーダーシップはこれまでと変わらず、助手たちを補佐するのは以前よりも慎重である。本紙記者の肖赧昆明特電

国足训练场“无缝”保密 遭偷拍后训练及时补救-中新网   难得放假一天后,中国队昨天回到了昆明海埂基地集训现场。虽然中国足协新闻办前晚通过官微对两家直播平台机构违规“偷拍”国足热身赛的行为予以谴责,但围绕此事的议论仍在持续发酵中。   遭偷拍后训练及时补救   国足热身赛遭偷拍,但球队在昆明日常训练的“保密措施”却比较到位,“偷窥”几乎是不可能的任务。   尽管在8日国足与卓尔进行热身赛期间,发生了两家直播平台机构偷拍直播比赛画面的事情,但中国足协对于国足日常训练的保密措施比较完备。北京青年报记者在海埂基地看到,承接国足集训的基地原15号、16号场地四周的铁丝网早已被遮光性较强的帆布围住,就连铁丝网入口等位置的接缝处都被加以特别包裹,而从铁丝网超过3米的高度来看,任何人通过攀爬或者寻找缝隙“偷窥”都不可能。   从11月3日集训正式拉开帷幕开始,国足每天集训只有前15分钟对媒体开放,而球队在这段时间里主要是抻拉热身或者接受主教练里皮的口头指点,关于技战术内容?媒体记者恐怕只能靠“猜”。   常年报道国内足球的记者都了解,昆明海埂基地15号、16号场地背后便是球类综合馆,中国女足以及中超北京国安等队都曾下榻在这里冬训,那么会不会有球迷或者记者登上综合馆去“偷窥”训练内容?答案也是否定的,这是因为这座大楼的入口处有安保人员严守,而中国队两名技术工作人员在每次训练之前都会登上综合馆楼顶拍摄训练画面,如果有陌生人进入馆内,他们也会注意到。国足预防归预防,到现场采访的媒体记者其实都比较守规矩,规定采访时间结束后,大家都会自觉离场。大家都清楚,自己的球队也需要自己悉心爱护。   里皮对“泄密”有心理准备   北青报记者获悉,虽然拒绝媒体拍摄比赛画面的要求由国足主帅里皮本人提出,但对于类似“偷拍”行为防不胜防,“银狐”本人早有预见,他赛后也并没有为此而责难队内工作人员,但经历这样一个变故后,国家队对围绕备战方方面面工作的小心翼翼清晰可见。   本周一,也就是国足与武汉卓尔热身赛前一天的下午,在海埂基地训练场外,中国队一位管理人员将留在现场为数不多的几家媒体叫到一起,恳请大家在热身赛期间不要拍摄比赛的画面。据了解,这样一个想法出自主教练里皮,毕竟大战前泄露军机乃兵家之忌讳。但一个不容绕过的矛盾问题摆在里皮和他的球队面前,那就是他为了球队尽早感受昆明主场的氛围,特邀300名左右球迷到现场观赛,尽管中国足协通过官方渠道向采访国足集训的媒体记者发放比赛采访证件,尽管包括央视在内的几家主要电视及视频类媒体记者都允诺严守规则,不会拍摄比赛画面,但在全媒体、自媒体传播科技高速发展的今天,每一名普通观众只要持带有摄像头的手机,就能经过简单操作完成比赛画面的拍摄。对于这一点,无论中国足协还是里皮本人都清楚,里皮对于足协工作人员维持新闻采访纪律面临的难度也表示理解。   辅佐顶级教练 助教平添重压   以超过2000万欧元的世界级天价请来世界级名帅里皮,中国足协为改善中国队糟糕的境遇也算是“拼”了,而里皮执教的权威经过其执教经历证明也同样是世界级的,于是媒体很快注意到,新的国足管理团队中只有李铁、康冰两个里皮昔日得力的中方助手。本周全队拍摄新版全家福时,也没有西服革履的足协领导身影,从这些细节不难判断里皮在执教方面的高度集权。   一位常年跟队报道的媒体同行这样评价说,“里皮在带队工作方面说一不二,球队其他管理、服务人员的工作更多是配合里皮,严格执行主教练的意图,这样的工作同样压力很大”,所以球队保障团队方方面面的工作都不由得更加小心翼翼。据了解,为谨防“外敌”刺探国足军情,中国足协曾指派专人从热身赛当天下午开始绕场进行地毯式排查,在两家违规直播平台播出比赛画面后第一时间,就由多名足协工作人员追查源头,并最终“抓”到两家涉事机构的拍摄人员,并在赛后第二天对他们的行为提出官方谴责。   媒体采访工作增加难度   昨天下午,中国队常规训练照例只对媒体开放15分钟,至于具体的采访对象?并没有安排。其实如此情形从3日国足新一期集训启动就已出现,里皮出于对集训带队工作的严谨态度,一直都没有接受记者采访,同样为了避免训练受到干扰,他按照隔几天一次的频率安排少许队员接受群访。而随着两家直播平台机构偷拍国足热身事件的发生,关于媒体诚信的话题被抛出,尽管这两家机构并不能代表媒体的大多数,但事件客观上构成了违反国足采访报道规定,如果中国足协或者国足教练组据此进一步限制媒体采访球队的活动,恐怕也不足为奇。   一位不愿透露姓名的中国足协人士对北青报记者说,“对于两家机构的偷拍行为是不是卖国?我们不好去界定,但是这样无底线的行为实际破坏了他们自身的信誉度,也会给其他守规矩的媒体带来不利的影响”。最近两天,采访国足的媒体在其微信群里对此事展开热议,也对个别机构自私的偷拍举动予以谴责,只是目前国足采访面临的“素材”匮乏现状,大家也都叫苦不迭。   国足备战神经更紧绷   其实关于“偷拍”,在舆论圈里也形成了不同声音,有人在谴责此类行为的同时,也不由得发出疑问,在讯息传播手段发达、讯息发布渠道四通八达的今天,任何旨在保密的举措其作用力都非常有限。事实上,纵观国际足坛,不同球队通过这种手段获取竞争对手情报的情况屡见不鲜,中国足协也聘用专业人才负责国足技术调研与对手信息搜集工作,球队也多次指派专人远赴境外刺探对手情况。即便媒体恪守新闻采访纪律,坐在现场的每一名普通观众都有可能作为自媒体发布有关热身的讯息。如果一支球队技术能力过硬,又何必过于介意所谓的“泄密”呢?   昨天一早,里皮虽然赴医院查看眼部,但下午出现在场地里的他依然活力十足,做事一丝不苟,偷拍事件看来没有破坏里皮带队的情绪。“银狐”的带队格调一如既往,只是辅佐他的助手们比以往都更加谨慎,国足备战依然不可能去除凝重。   本报昆明专电 记者 肖赧相关的主题文章: