助皇:生まれたのは俺が勝者なんだよ。-cashmere mafia

セン皇:考え出身私は勝者よりもっと難しい騎士優勝ヒートジェームズ中国行インタビュー:化と激励を祝う意味テンセントXiangjieザSilencerアクションスポーツきゅう、く月じゅうに日ニュース今日クリーブランド騎士队スーパースターレブロン-ジェームズ開く中国行北京駅、「小皇帝」が訪問テンセントスタジオに参加し、「質疑を砕く」イベント。イベントでは、ジェームズを受けテンセント専門家王猛取材を分かち合い、自分に復帰騎士队勇担の重任の道のり。次の取材を受けテンセント実録:ジェームズスポーツの取材王猛:あなたがかつて言った、最も重要なのは、これは、国のチャンピオン。数年前にあなたは言った、クリーブランドの燈火のようなラスベガスのように明るい、今年のチャンピオン、あなたは目標を達成するための道をさらにましたか?ジェームズ:優勝でじっとしているより素晴らしいラスベガスの感じ。ラスベガスは素敵なところだが、できるクリーブランド優勝を果たし、もっとすばらしい感じ。この優勝は、クリーブランドがラスベガスのように輝いているに違いない。NBAの歴史上で最も偉大な選手の一つとして、あなたはどのようにこの責任を担っているのですか?肩の責任はちょっと重?ジェームズ:自分を信じて、すべての人はすべてを引き受けて肩の荷が重い、神様は私たちの責任に耐えられない。私にとって、幼い頃に成長してきたことに挑戦してくれたのは、プロ選手になってからの挑戦よりも多くのことです。私はいつも自分の小さい時にどのように困難を克服して、一歩一歩一歩歩いて、それでは困難になりませんでした。しかし、生活そのものより大変なことはありません。ジェームズ:私の出身、私の成長を考えて、今日まで行くことができて、私はすでに勝者で、残りのすべてはプラスになります。クリーブランド市内では過去2年で再び観光客を引きつけてきた。私たちは旅行者だけでなく、あなたは毎日そこで暮らしています。過去2年間、あなたは感じてクリーブランドこの町の変わりましたか?ジェームズ:もちろん。人の地方を引きつけるのがだんだん多くなって、都市の発展はとても速い。バスケットボール選手、1名の企業家、1名の熱心なフィードバッククリーブランドコミュニティの人、私は見届けてクリーブランド、オハイオ北部地域の発展。私は故郷に帰って、私は自分の影響力を利用してクリーブランドの発展を推進することができて、このようにします。しかし、あなたのファンドはやはりクリーブランドの子供を援助しています。貧しい子供に希望を与えるのは、あなたが故郷の発展を推進する方法の一つではないでしょうか。ジェームズ:クリーブランドは私の故郷で、その子供たちを見て、私が小さい時、クリーブランドで、北のオハイオで暮らしている子供たちを思い出します。私自身も彼らの中の一人であるため、子供たちに励まし、生活の細かいところで面倒を見てくれている。原句:2年前、あなたが故郷に帰ることになった時、自分でチャレンジして挑戦したと言っていました。その時の挑戦とは、具体的には何ですか?前の挑戦を考えているとき、何を考えましたか。ジェームズ:出場に挑戦する。クリーブランドの社会環境は良くなくて、そして空間を発展させて、私はクリーブランドが旅行の名所になることができることを望んで、人々が来ることに挑戦することになりたいです;場の上で同様に挑戦が重なって、当時の騎士チームはすでに4年の縁がなくて、1つのシーズンすべて30回の勝利を持っていないで、私は挑戦して私を待っていることに挑戦して、しかし私はすでに挑戦して挑戦しました。離れクリーブランドの4年は、両方の选手としても普通の人間は、どんな場には場の下で、私も成長した多い、私は場の自分をとても自信も出場できると信じて、挑戦を迎え。王猛:あなたはこのチームに入るプレーオフ四年、どう挑戦に直面する。夏を離れて、騎士に戻って、あなたはもっと困難な道を選んだのではないでしょうか?あなたの目標は一度も優勝したからだ。ジェームズ:言いにくい。私は2種類のキャラクターにも悪いときに戻って、騎士もちろん挑戦はもっと大きくて、結局チームの優勝経験がない。私が盛大に加盟した時、李さんはもうチームの中にいました。それ以外にも、ブラック・ニース・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。しかし、騎士チームに戻って、私は私と熱いチームメイトのジェームズ-ジョーンズが優勝したことがあることを発見して、私は騎士の挑戦がもっと大きいことを知っています。どちらかというとどちらが簡単だとは言えませんが、キャラクターが演じるのは難しいからです。(牛牛)著作権声明:本論文では、スポーツの独自の原稿は、許可されていない、転載することはできません。

詹皇:考虑出身我已是赢家 骑士夺冠比热火更难 詹姆斯中国行专访:化质疑为激励 详解The Silencer庆祝动作含义 腾讯体育9月12日讯 今天克里夫兰骑士队超级巨星勒布朗-詹姆斯开启中国行北京站,“小皇帝”作客腾讯演播室,参加“击碎质疑”主题活动。在活动中,詹姆斯接受腾讯专家王猛采访,分享了自己重回骑士队勇担重任的心路历程。采访实录如下:詹姆斯接受腾讯体育采访王猛:你曾经说过,最重要的,就是这是给家乡的冠军。几年前你曾经说过,要让克里夫兰的灯火像拉斯维加斯一样明亮,今年的冠军,让你在实现目标的路上更进一步了么?詹姆斯:夺冠比待在拉斯维加斯的感觉更加美妙。拉斯维加斯是个很棒的地方,但能够为克里夫兰赢得冠军,感觉更加美妙。这个冠军,一定能让克里夫兰像拉斯维加斯一样绚烂。王猛:作为NBA历史上最伟大的球员之一,你是怎样肩负起这份责任的?肩上的责任会不会有些太重?詹姆斯:我始终相信,每个人都能承担起肩上的重担,老天不会给我们无法承受的责任的。对我而言,小时候成长的地方为我带来的挑战,比成为职业球员之后面对的挑战更多。我经常会回想,自己小时候是怎么克服那么多困难,一步步走到今天的,于是就不会感到困难了。王猛:没有什么比生活本身更艰难,不是么?詹姆斯:考虑到我的出身、我的成长历程,能够走到今天,我已经是个赢家了,剩下的一切都是加分。王猛:过去两年,克里夫兰市区开始再度吸引游客的到来。我们只能算是游客,而你每天生活在那里。过去两年,你感受到克里夫兰这座城市的变化了么?詹姆斯:当然。吸引人的地方越来越多,城市发展也很快。作为一名篮球运动员、一名企业家、一名热衷于回馈克里夫兰社区的人,我见证着克里夫兰、俄亥俄北部地区的发展。回到家乡,我可以利用自己的影响力推动克里夫兰的发展,就是这样。王猛:即使是在热火队效力期间,你的基金还是在资助克里夫兰的儿童。给贫穷的孩子以希望,是不是你推动家乡发展的方式之一?詹姆斯:克里夫兰是我的家乡,看到那些孩子,就会想到我小的时候,在克里夫兰,在北俄亥俄生活的孩子们。因为我自己也曾是他们其中的一员,我能给孩子们鼓励,在生活的细节上照顾他们,这些都意义非凡。王猛:两年前,当你决定回到家乡时,你曾说自己准备好接受挑战了。那时的挑战具体指什么?当你想到前方的挑战时,都想到了哪些?詹姆斯:挑战存在于场上场下。克里夫兰的社会环境不算好,还有发展空间,我希望克里夫兰能成为旅游胜地,成为人们愿意来的地方;场上同样是挑战重重,当时的骑士队已是四年无缘季后赛,一个赛季都拿不到30场胜利,我知道挑战等待着我,但我已经准备好迎接挑战了。离开克里夫兰的四年,无论是作为球员还是普通人,无论在场上还是场下,我都成长了很多,我对场上场下的自己都非常自信,相信能够迎接挑战。王猛:你说这支球队四年没进季后赛,不知道该如何面对挑战。离开热火,回归骑士,你是不是选择了一条更加艰难的道路?因为你的目标从来都是夺冠。詹姆斯:不好说。我认为两种角色都不好当,回到骑士当然挑战更大,毕竟球队没有夺冠的经验。我加盟热火的时候,德维恩-韦德已经在球队当中了。此外还有乌多尼斯-哈斯勒姆、帕特-莱利和埃里克-斯波尔斯特拉教练,他们之前曾经夺冠过。但回到骑士队,我发现只有我和热火队友詹姆斯-琼斯有过冠军经历,我知道回骑士的挑战更大。但不会说两种角色哪个更容易,因为每个角色扮演起来都很困难。(牛牛)版权声明:本文系腾讯体育独家稿件,未经授权,不得转载,否则将追究法律责任。相关的主题文章: