柯洁:「網紅」は貶義語とアルファ犬に対抗するとは思わなかった-whereisip

「網赤」は「網赤」という意味でアルファ犬に対抗していたことを考えていない(資料図)昨日、第18回日本語桐山杯の中国囲碁祭決勝決勝戦の決勝戦は石家荘にあって、最終双方の激戦は28手になりました。インタビューでは、柯洁興味深くうと「網赤」の意見そしてとアルファ犬の対局に噂をし。頻繁にミスをミスしたのは国内のレベルが第一人で、葉は2位で、2人は1週間前の零杯の決勝戦で2回にわたって試合を打った。試合前の魚は、自分との戦いの成績が悪いことを明らかにした。先を当ててみると,葉があるのは長いもので先行する。レイアウトの段階では、双方が空を飛んでいて、葉が四角をすくい取っている。陈耀烨黒133挑発劫争い、柯洁すぐさま消未来永劫、黒は真珠を以て雀を射る。双方が葉を出し終わったので,葉があるのは2また1 4子で優勝した。試合後、自分には多くのミスがあったと言われていますが、何の碁も見ていないのですが、それは時間がかかってもチャンスを把握していないのかもしれません。次の優勝後は中国を代表する日中対抗戦。前回中国を代表する中国代表の桐山杯の日に対抗して「井上裕子さんを五歩」と言ったことがあるが、2年後の今日は、葉が熟したものが多く、「これは計画がないので、できるだけ自分のレベルを発揮できるようにしましょう」と言った。その年の言葉はその環境の中で自分を励ましたいだけだ。」自分は「網とは思えない赤」2年前、わずかじゅうく歳の柯洁桐山杯の試合中で阿含を自分の第一個の全国チャンピオン、その後柯洁迅速な成長を世界チャンピオン、そして、多くの人に貼った「網紅」のラベル。しかし、自分が「網赤」であるとは思わないが、これまで自分で個性的な発言をしたことがあり、単調な環境に活力を与えてほしい。柯洁説:“これは私の靑春を、私はずっと後悔して言ったら、でも「網赤」は私にとっては貶義語、全然自分は「網赤。対照的に、私はもっと盤上に下の特色。」しばらく前、人間が最も高いと言われたのは9段だったが、人工知能は13段になった。「パソコンのレベルは確かに強い。私もアルファ犬とたくさん覚えている。パソコンは毎日速く進歩し、人間はそれに勝つのは難しい」と語った。以前は私とアルファ犬に対抗するが、この事は私もわからない、どこか。私はやはり人と人との戦いに専念していると思います。人の碁はミスがあるのですが、それでこそ、独特の魅力があります。この点のパソコンは理解できません。私はこれからコンピュータによく勉強して、もっと良い碁を出してファンにお返しします。」

柯洁:“网红”是个贬义词 没想过与阿尔法狗对抗 柯洁(资料图)昨天,第18届阿含桐山杯中国围棋快棋公开赛决赛在石家庄战罢,最终双方激战288手,柯洁执白2又1 4子战胜陈耀烨获得冠军。在采访中,柯洁饶有兴致地谈起了自己对“网红”的看法,并对将与阿尔法狗对局的传闻进行了回应。频频失误侥幸赢下苦主柯洁是国内等级分第一人,陈耀烨则排名第二,两人在一周前的百灵杯决赛交手两局,陈耀烨大获全胜。赛前柯洁也坦言自己与陈耀烨的交锋成绩不佳,而且目前不在最佳状态。经过猜先,陈耀烨执黑先行。布局阶段双方落子如飞,陈耀烨捞取四角实地,柯洁则经营着下边的大模样。陈耀烨黑133挑起劫争,柯洁随即消劫,黑棋得不偿失。双方收完官子,柯洁执白2又1 4子获胜。赛后柯洁坦言自己其实有很多失误,有几手棋也没看清楚,但陈耀烨可能也是时间紧没有把握住机会。在拿下冠军后,柯洁将代表中国出战中日对抗赛。他上次一代表中国出战阿含桐山杯中日对抗时曾喊出“让井山裕太血溅五步”的豪言,不过两年后的今天,柯洁成熟许多,他说:“这个没有什么计划,我尽量发挥出自己的水平吧。当年的那句豪言只是想在那个环境中激励自己。”从不认为自己是“网红”两年前,年仅19岁的柯洁在阿含桐山杯比赛中拿到自己的第一个全国冠军,此后柯洁迅速成长为世界冠军,并被很多人贴上了“网红”的标签。不过柯洁从不认为自己是“网红”,此前自己发表过一些比较有个性的言论,只是希望能给单调的环境带来一些活力。柯洁说:“因为这是我的青春,我从来都不说后悔的话,不过‘网红’对我来说是个贬义词,我从来不认为自己是‘网红’。相比而言,我更想在棋盘上下出我的特色。”不久前,聂卫平曾说人类最高的是九段,但人工智能已经有十三段了,对此柯洁也坦言:“电脑的水平确实很强,我也跟阿尔法狗学会很多,电脑每天都在飞快地进步,人类要想赢它确实很难。此前有人说我要和阿尔法狗对抗,但这件事我都不清楚,不知从何而来。我觉得我还是专注于人与人之间的较量,人的棋是会有失误的,也正因为这样才精彩,才有独特的魅力,这一点电脑是无法理解的。我今后会向计算机好好学习,下出更好的围棋回馈给爱好者。”相关的主题文章: