第1位中国籍探検家はアメリカ国家地理年度10大探検人物-中新ネットに選ばれた-www.33bbb.com

初の中国籍の探検家閃ミット入選アメリカ国家地理年度の十大は探検人物-最新新網じゅういち月ご日電2016アメリカ国家地理年度探検人物の選出(中国区)の十大ノミネート探検家の一つ――閃ミットを経て、国際賞、北京に間じゅういち月さん日夜成功入選世界十大、首位獲得となりアメリカ国家地理年度探検人物の選出の十大ノミネート探検家の中国人。アウトドア探検界としての重要な国際賞、アメリカ国家地理年度探検人物の選出は毎年全世界の範囲の内で選出10名の傑出なアウトドア探検家を励まし、人々は畏敬の念と無限の精神は自己を突破する。各指名探検家は、未知、探検運動、環境保護、人道精神を徹底的に探索するために、顕著な成果と貢献によって選ばれた。かつて国際会社で電気エンジニアをしていたフラッシュバックが完成したのは不可能な挑戦である――世界初の黄河を全行程で漂っている。海抜4 , 500メートルの青海省にある黄河の源である黄河の源から出発して、青海、四川、甘粛、寧夏、陝西、山西、河南、山東省の9区を経て、合計長距離キロメートルをかけて、2015年12月20日に山東省東営市の黄河で船に上陸し、黄河沿岸で宗教、水汚染、土地砂漠化、教育、経済、疾病の6方面の調査をして、30万字の黄河記録を書きました。黄河路の生死が黄河、中国文明の発祥地、中国人民の母の川。30年前の黄河は初めて漂流していて、7人が犠牲になった後、30年、一人では一人で黄河を漂流している人はいない。そして今回は、フラッシュバックは唯一の記録を流し、漂流過程で黄河両岸の人文生態を考察する。今回のために探検に挑戦し、彼の妻张海燕も仕事を辞めて、専任後方勤務の補給を随行し始める。2015年からご月いち日黄河の源(実際から漂時には約120キロを源に浮かんでボート)から漂着じゅうに月にじゅう日に到着する東営市黄河の河口に上陸の234日の中で、当時42歳の閃ミットが受けた危険と圧力常人想像しにくい:風雨を冒して、寒い中、両手が凍ってしびれが張るだけでなく、体が震える;震える手を持って、テントアルミニウム合金ロッド、挿した半日もできていないいったい帳の固定穴に挿して、かえって自分の足の指に挿し込んで、夜にご月冷たいテントの中で、彼と相は狼がほえる伴う……経過56日より安定の漂流の旅、閃ミットが遭遇靑海唐乃亥郷で最も危険な激流され、カヌー流れ引っ張っ左衝右ぶつかって、ほとんど制御することができない、今にも向かって暗礁カヌー、閃ミットすべて力いきなりオール返す艇頭、地獄に、数時間の漂流長、まるで数世紀。最終的に彼はぐったりしていたことがあった。「ここで事故があったら、助けてくれる人がいなくて、私の死体は見つからない」と話している。」独漂全行程で生死の試練は珍しくないが、何度も落ちて転覆が、幸いにも土壇場で無事に危険を免れる。じゅうに月にじゅう日午後にわたって234日を抜けて、万裏の水路、閃ミットやっとたどり着い黄河出海口。「黄河はあなたに一番忘れられないものは何ですか。」「黄河はあなたに一番忘れられないものは何ですか。」フラッシュバックにとっては、両岸の風土や現状を理解していないと、彼の黄河の唯一の探検は意味がない。沿岸にあるだけに多くの発見があった。黄河の源に続く景色の中には,枯れてばかりいて草が生えない黄砂がある。冬虫夏草を採取したチベット人を訪ね、芝生を破壊するためにどうやって採取したかを理解した。そこで彼はネット上で1篇の文章を発表した調査研究「狂った冬虫夏草』は冬虫夏草を図ると土地の砂漠化の真実を伝える。黄河の上流に漂着した、彼は靑海省の寄生虫性伝染病――エキノコックスの多発区。2週間にわたって漂流を休止していたが、ここで調査を展開していたが、その調査を展開していたのは、長距離病の重症患者を訪ね、研究や副作用の専門家を訪問して、自分の漂流に興味を持つメディアに連絡し、彼らを説得してこの病気を伝えることを説得した。広報面を拡大するために、フラッシュバックは研究ログを整理することになり、アマゾンサイトでは「黄河の源を探る」という電子書籍を発表し、皆さんに注目を集めている。黄河は数千キロの長い間、壮大な山河を見て、かわいい沿岸住民を見て、砂漠化、流行病、沿岸生活密集区のゴミ帯、水位の低下、化学工場の汚染物質を大量に目撃した。「黄河漂流は私の前にある二つの願いを満たした。黄河を破った30年の呪いで、シングル単体では挑戦できないと思われる限界距離が完成した。第二は、黄河沿岸の人文研究することができて、私とても描き出して黄河の全貌は、中国人から道を行って国内大江大河の直面した運命。」光は黄河の唯一の媒体であり、探索の角度からミクロ全体の黄河を出発して、234日の経歴と物語はすべて伝達して、異なった情報を反映して、多くの人に黄河の両岸の変遷と現状を理解させます。今年はアメリカ国家地理年度探検人物が12年で初めて中国区に定住し、アメリカ国家地理簡体字中国語版「チャイナ地理」とアメリカ国家地理中国語網が主催。5ヶ月9人の探検委員会は、50以上の選挙委員会から50余組の候補者を選んだのは、葉、光っていて、葉があって、葉があって、海の動物保護連盟、李若くて、劉さん、劉さん、李青年の10位はそれぞれの分野で絶えず探索を模索して、中国区の有名な探検家を獲得し、中国区を代表して国家地理世界のプロジェクトに参加することを代表しています。閃ミットのトップに入選この国際選考年度の十大はノミネートされた中国籍の探検家、中国について探検界にとって意義、代表しているのは中国人がどんどん深く探検国際舞台をもっと競争力。

首位中国籍探险家闪米特入选美国国家地理年度十大探险人物-中新网   中新网11月5日电 2016美国国家地理年度探险人物评选(中国区)十大提名探险家之一――闪米特,经过国际评选,于北京时间11月3日晚成功入选全球十大,成为首位获得美国国家地理年度探险人物评选十大提名探险家的中国人。   作为户外探险界的重要国际奖项,美国国家地理年度探险人物评选每年都会在全球范围内评选出十名杰出的户外探险家,旨在鼓励人们以敬畏之心和无止境的精神突破自我。每位提名探险家都因为在探索未知、探险运动、保护环境和贯彻人道精神等方面的突出成就和贡献而当选。   曾经在跨国公司做电气工程师的闪米特完成的正是一项看似不可能的挑战――世界首例黄河全程独漂项目,并以此征服该评选的评委。他从海拔4,500米的青海省巴颜喀拉山的黄河源头出发,利用一条橡皮艇顺流而下,经青海、四川、甘肃、宁夏、内蒙古、陕西、山西、河南、山东九省区,共计5464公里,耗时234天,最终于2015年12月20日在山东省东营市的黄河入海口上岸,并在黄河沿岸做了宗教、水污染、土地沙漠化、教育、经济和疾病六方面的调研,写下了30万字的黄河记录。   黄河路上的生死考验   黄河,华夏文明的发祥地,中国人民的母亲河。自30年前的黄河首次漂流,有7人不幸遇难之后,30年来,没有一个人敢再去独自漂流黄河全程。   而这次,闪米特用独漂创造纪录,同时在漂流过程中考察黄河两岸的人文生态。为了这次探险挑战,他的妻子张海燕也辞去工作,专职做起后勤补给驱车随行。从2015年5月1日黄河源头(实际起漂点位于源头约120公里处足以使艇漂浮处)起漂到12月20日到达东营市黄河入海口上岸的234天中,时年42岁的闪米特所承受的危险与压力常人难以想象:冒着风雨,顶着严寒,双手冻得麻木发胀,身体哆嗦不止;发抖的双手,拿着帐篷铝合金杆,插了半天也没能插到底帐的固定孔上,反而插到了自己的脚趾上;夜晚躺在5月冰冷的帐篷里,只有狼嚎与他相伴……   经过56天较为平稳的漂流旅程,闪米特便遭遇青海唐乃亥乡最危险的激流,皮划艇被水流拉扯着左冲右撞,几乎无法控制,眼看皮划艇扑向礁石,闪米特用尽全部力量猛地一桨调转艇头,逃出了鬼门关,几个小时的漂流,长得仿佛几个世纪。最终,他筋疲力尽地在一个水葬点靠岸。闪米特说:“在这里一旦出事,没人能救我,也不会找到我的尸体。”   独漂全程中这样的生死考验并不少见,数次翻船落水,但好在都在最后关头化险为夷。12月20日下午,历时234天,穿过万里水路,闪米特终于抵达黄河出海口。   “黄河让你最难忘的是什么?”   抵达出海口,闪光灯不停,大家问得最多的便是:“黄河让你最难忘的是什么?”对于闪米特而言,如果没有记录了解两岸的风土人情和现状,他的黄河独漂探险就会变得没有意义。而正是在沿岸,闪米特有了许多发现。   黄河源头绵延的风景里,有一长段是光秃秃,寸草不生的黄沙。闪米特走访了当地采挖冬虫夏草的藏民,了解到他们是如何以破坏草地为代价进行采挖,了解了虫草给藏民带来的经济利益以及对环境的影响。于是他便在网上发表了一篇调研文章《疯狂的冬虫夏草》,力图将冬虫夏草与土地沙化的真相告诉人们。   黄河上游,他漂到了青海省一个寄生虫性传染病――包虫病的高发区。他暂停漂流长达两周,对这里展开调查,探访了包虫病重症患者,拜会研究和治疗包虫病的专家,联络了对自己漂流探险感兴趣的媒体,说服他们去播报这种疾病。为了扩大宣传面,闪米特将调研日志整理成文,在亚马逊网站发表了《探访黄河源头》的电子书,呼吁大家关注包虫病。   黄河几千公里长,闪米特看到壮丽山河,看到可爱的沿岸居民,也亲眼见证了沙漠化、流行病、沿岸生活密集区的垃圾带、水位低下、化学工厂排污对渔民造成的影响。   “黄河漂流满足了我之前的两个愿望。一是打破了黄河的30年魔咒,单人单艇完成了常人认为无法挑战的极限距离。二是通过黄河沿岸的人文调研,让我可以一笔一划勾勒出黄河全貌,让中国人从此有途径去了解国内大江大河所面临的命运。”闪米特黄河独漂是一种媒介,从探索的角度出发微观整条黄河,234天的经历与故事都在传递、折射出不同的信息,让更多人了解到黄河两岸的变迁以及现状。   中国探险界的非凡意义   今年是美国国家地理年度探险人物评选12年来首次落户中国区,由美国国家地理简体中文版《华夏地理》杂志及美国国家地理中文网主办。为期5个月9位探险评委从50余个参选项目中选出了包括郭川、闪米特、陈盆滨、刘佳、何川、猫科动物保护联盟、李少壮、刘?卿、刘勇、李少壮十位因在各自领域不断探索突破而荣获中国区提名探险家并代表中国区参与国家地理全球项目的角逐。闪米特作为首位入选这一国际评选年度十大提名的中国籍探险家,对于中国探险界而言意义非凡,代表着中国探险人正在不断深入国际舞台并更具竞争力。相关的主题文章: